間違った美肌習慣、していませんか?改めるべき悪いクセを知ろう

お肌のケアを頑張っているのに、全然美肌になれない!

肌がつっぱったり乾燥したりしてしまい、全然満足できない!

こう思っている女性も多いようです。

ですが、もしかしたら

「いいと思ってしている習慣が、肌にあまりよくない」

のかもしれません。 肌に悪い習慣は、是非改めましょう!

悩んでいる女性

肌に悪い習慣は、こんなにたくさん存在した!

・不潔な手で、肌のお手入れをする

汚い手で肌のお手入れをすると、肌が不健康になる原因になります。

お風呂から上がったばかりだとしても、

一応手は除菌してから肌のケアをしたほうがいいとされています。

念には念を入れたほうがいいみたい!

 
スポンサーリンク

・乳液やクリームを使用しない

化粧水はたっぷりつけるのに、乳液なんて必要なの?

クリームって苦手なんだけどやらなきゃダメ?

そんなの必要ないんじゃないの?という人がいます。

肌の乾燥には、化粧水を塗っておけば充分よ!

という思い込みは、間違いだそうです。

乳液やクリームを合わせて使うことで、

はじめて化粧水も力を発揮できるそう。

化粧水は皮脂のバランスを整える役割を担っているのもであり、

乾燥しないように保湿してくれるのは

乳液、クリームの仕事だということです。

ですから、ケチケチせずに乳液やクリームもたっぷり使いましょう!

 

・「うるおい成分」にこだわりすぎている
洗顔フォームなどでも、うるおい成分にこだわって

商品を選ぶ人は少なくありません。

ですが、肌荒れで悩んでいる人のなかでも、

ニキビや吹き出物で悩まされている女性は、

できればうるおい成分が強いものは選ばないほうがいいそうです。

古くなった角質がうるおい成分のせいで充分に落とせず、

肌に残ってしまい、それがニキビの原因になることも

あるとのことです。

肌がザラザラしているような手触りがある場合には、

定期的にピーリングを行いましょう。

専用の商品を購入すれば、簡単に角質をこそげ落とせます。

 
スポンサーリンク

・「しっとり」な化粧品にこだわる

化粧品を選んでいて「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」など、

さまざまな商品で迷うことってありますよね。

肌が乾燥している人は、しっとりタイプを選びがちです。

ですが、さっぱりタイプの化粧品に入っている抗炎症成分が

肌に効果的なこともあります。 商品名に惑わされずに、

自分の使用感を重視するようにしましょう。

「あんまり気に入らない肌触りだけど、

しっとりしたほうが気持ちいいし」

などと思わないほうがよさそうです。

 

・生活習慣が乱れている

お肌のケアをいくらきちんとしていても、

ライフスタイルが乱れていては効果はないそうです。

暴飲暴食を繰り返していたり、徹夜続きだったりすると、

お肌のお手入れをしても満足感は得られなさそうです。

食事がどうしても偏りがちな人は、

サプリメントを摂取するのもオススメです。

また、青汁などの健康食品を摂るのもいいでしょう。

何もしないよりは、行動するのがイイのです!

 
スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!