メイクでシミ、そばかす、しわを隠さずにすっぴんでもいられるためには?

メイク道具メイクをしなくても、すっぴんの肌でいられる人に憧れを抱くものですよね。

誰しも、肌が綺麗と言われるととても嬉しい気持ちでいられるものです。

透明感のある綺麗な素肌でいられるためには?

自分自身が、素肌のままでいられる為に、透明感のある綺麗な美肌を維持するには、どんなことをすればいいのか、ちょっと考えていきましょう。

ツルツルな肌でいられる人は、スキンケアの方法はまちまちだと考えられますが、大抵は規則正しい生活を送っているものです。

ここで、すっぴん美人といわれている人が、普段どんなことに気を配り、普段の生活に気をつけているのか、おさらいしてみましょう。

スキンケアというと、つい、高額な化粧品を買って、毎日肌のお手入れをしていかないといけないのかな、と思いがちですよね。

スキンケアをしていくために、お金を使いたくないわ、と思う方もきっといらっしゃると思います。

スポンサーリンク

内部的なスキンケアから、外部的なスキンケアにいたるまで、すっぴんでいられるための方法を伝授していきます。

栄養と健康的な生活が、美肌への王道と言えるでしょう!

食生活において、美肌にとって必要不可欠なのは、ビタミン類です。ビタミンには、ビタミンAとビタミンB、そして、美肌効果が最も高いビタミンC、ビタミンEがあります。

ですが、ビタミン類だけを食生活にとっていれば、美肌でいられるというものではありません。

たんぱく質や、脂質、ミネラル、炭水化物、食物繊維をバランスよく摂るように心がけていきましょう。

栄養を食事で補えきれない場合は、サプリメントをとることもおすすめです。

また、美肌に関係ないと思われがちなのは、便秘です。

便秘は、食物繊維の不足や、ストレスによって起こるものですが、肌荒れの原因にもつながります。

毎日の排便は、美肌への近道といえるくらい、とても健康に影響するものなのです。

参考記事:女性と若さの大敵「便秘」を退治するために、日常に取り入れたいこと

その為には、夜はしっかりと睡眠をとり、朝食をしっかりと食べるようにしましょう。

朝食をきちんと食べる人とそうでない人では、どちらが美肌の人が多いかと言われたら、断然朝食をきちんと食べる人であるという統計データがあります。

また、肌の調子をととのえるためには、毎日適度な運動が必要です。簡単なストレッチや体操、そして、有酸素運動など、体を動かして、肌の血行を良くすることは、肌の調子を整えるためには、とても良いことですね。

肌の血行を良くするために日常生活において、入浴も体に良いものですね。入浴は、一日の体の疲れをとってくれて、かつ、体内の血液の循環がよくなるため、肌の調子を上手に整えてくれます。

毎日のバランスのとれた食生活、お通じ、適度な運動、入浴などは、肌を健康に保つばかりではなく、シミやそばかす、くすみやしわを改善し、予防するには、とても良い影響をもたらします。

スポンサーリンク

すっぴんでいられるためのスキンケアとは?

スキンケアは、美肌のために、必ず毎日行って下さい。

スキンケアのスタートは、朝の洗顔です。

素肌美人でいられるためには、朝のお目覚め後の洗顔ですね。

洗顔料をクリーム状にしたら、さっと優しくマッサージするように、手早く洗いましょう。

洗顔後は、化粧水や乳液を塗ってから、メイクを仕上げるのが一般的ですが、スキンケアの際には、コラーゲン成分が100パーセントの美容液で、肌にしっかりと水分を与えましょう。後々、潤いと弾力のある肌に仕上がります。

保湿がすみましたら、次はお出掛け前のメイクですね。最近のファンデーションは、日焼け止めが含まれているファンデーションが殆どですが、紫外線対策としては、メイクが終わった後は、できるだけ日焼け止めクリームを日焼けしやすい部分に塗るようにしましょう。

日焼け止めクリームは、日中は、2~3時間ごとに塗りましょう。

お昼の休憩時間や、帰宅前に、簡単に日焼け止めクリームを塗れば完璧です。

外出時には、できるだけ紫外線を浴びないように、帽子や日傘などを着用すると良いでしょう。

外出先から、帰ってきたら、手を洗うこと同時に、出来るだけ早く、メイクを落としましょう。

疲れているからといって、メイクをしたまま眠ってしまいますと、翌朝ニキビができていたということは、珍しくありません。

参考記事:やってはいけない!肌が老化する習慣「メイクをしたまま就寝する」

クレンジングは、ファンデーションなどの化粧を残さないように、しっとりと洗いましょう。

そして、その後も、肌を乾燥させないための保湿ケアが大切なのです。

また、寝る前には、美白化粧品を塗ることです。ハイドロキノンが配合されている美白化粧品が、おすすめです。

昔は、ハイドロキノンというと、刺激が強すぎたり、副作用があると言われていますが、皮膚科医が開発した美白化粧品の場合、刺激も副作用もほとんどない化粧品も多いものです。

ハイドロキノンは、紫外線を浴びたときに発生するメラニン色素の生成を抑えてくれる働きがあるため、色素斑や色素沈着を改善する効果があり、しみやそばかす、しわなどを効果的に解消するばかりではなく、肌トラブルの予防効果も絶大なのです。

生活面における内部的なケアと、化粧面における外部的なケアの両方を毎日しっかりと行うことで、メイクでしみやそばかす、しわを隠さなくても良いくらいのすがすがしい美肌を保っていることができるでしょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!