ガサガサ・シワシワの乾燥唇から脱出するためのポイント

唇がぷるっとしているとかわいらしく見えますし、

若々しさがみなぎって見えるでしょう。

反対に、ガサガサした唇は

女性らしさとはかけ離れたものに見られるかもしれません。

 

アンチエイジングをしたいのならば、

口元だけでなく唇のケアも忘れてはいけません。

潤いリップを手に入れて、より若く見られるようにふるまいましょう!

唇

スポンサーリンク

唇はとても繊細です

唇は乾燥に弱い部位です。

そもそも、自分で潤いを補完できるような機能がないそうです。

ですから、こまめなケアが欠かせません。

体調の変化や環境の変化によって、その調子も変わってくるそうです。

食生活や化粧品、紫外線や湿度などが大きく関係してくることでしょう。

 

唇の皮をむくしぐさは、やめましょう

唇の皮膚が乾燥する季節になると、

いくらケアしてもカサカサしてしまうことがあるでしょう。

その皮を、つい自然にむいてしまうというクセがある女性も少なくありません。

なかには、舌や歯で皮をむいてしまう女性もいるかもしれません。

しかし、ずっとこのクセを続けてしまうと、唇の皮膚は荒れてしまいます。

傷ができてしまうと、それを治すためにはとても長い時間がかかります。

また、男性から見てもあまりいいクセとは言えません。

 

無意識にこのしぐさをしてしまう人もいれば、

ストレスが多い時、考え事をしている時に唇をいじってしまい、

結果として皮をむいてしまう人も多いようです。

イライラして、唇の皮をむしってしまう。

「またやっちゃった」「あー、血が出てきた」「せっかくお手入れしたのに」と、

さらにイライラが高まってしまうこともあるでしょう。

負のスパイラルというものに近いですね。

唇の皮を無理にむくと、ひび割れてしまいますし、

雑菌が入ると炎症を起こして腫れてしまうこともあります。

できれば、このようなクセは一刻も早く卒業したいものです。

 

舐めるのも、実はダメ!?

乾いているよりはと、唇をペロペロ舌で舐めてしまう人がいます。

実はこのクセも、唇にはあまり優しくないそうです!

いったんは唾液で潤ったような気になるかもしれませんが、

実は舌で唇を湿らせようと舐めることで、

唇の表面を覆っている油膜というものも落としてしまうそうです。

この油膜がなくなってしまうと、さらに肌が乾燥してしまうようです。

 

うるうるリップをキープするために、してはいけないことをチェック!

唇が荒れる原因となるのが

「強い紫外線」

「偏った食生活」

「酸っぱい食べ物など、刺激が強い食品」

「ひっかいたりこすったりという唇への刺激」

「クレンジング不足」

といった要因です。 それ以外にも、さまざまな原因が考えられます。

 
スポンサーリンク

・口呼吸

鼻ではなく、口で呼吸してしまう人は意外と多いそうです。

ですが、口で息をしていると、唇も乾燥しやすくなってしまうのだとか。

舐めるのと同じくらい、口呼吸で唇は渇いてしまいます。

参考記事:恐怖!これが老け習慣だったなんて……「口呼吸」は今すぐやめよう

・もしかしたら胃が悪いのかも?

胃の不調は、唇にも出やすいとされています。

唇の乾燥だけでなく、皮膚がピッと切れてしまったり、

色が悪いように感じたりしたら、もしかしたら胃が悪いのかもしれません。

 

・酸っぱい飲み物、食べ物には注意

酸味の強い食品を口にすると、唇がピリピリすることってありますよね。

これは、唇の皮膚に刺激が加わっているからです。

たとえば、オレンジジュースなどもそうです。

できれば、唇に刺激がないような飲み物を選びましょう。

 

・過度の油や塩は、かゆみを引き起こします

普段食べ慣れていない調味料や、大量の塩は肌のかゆみを呼び起こしたり、

刺激を与えて感想を引き起こすことがあります。

食事をしたら歯磨きをして、

ついでに唇もかるくゆすいだほうがいいのかもしれません。

 

・クレンジングは優しくする

化粧を落とす時に、落ちにくい口紅のクレンジングはゴシゴシこすってしまいがち。

ですが、それだけ肌が傷つくことを忘れはいけません。 爪を立てたりこすったりはNGです。

 

・肌質にあった化粧品を選ぶ

敏感肌の人は、化粧品を選ぶのにも注意です。

流行しているからという理由ではなく、自分の肌に合うものを、

きちんとテスターを利用してから選びましょう。

 

ケアには、リップクリーム!

唇はリップクリームでケアをするのがいいとされています。

ですから、自分のお気に入りのクリーム、肌に合ったクリームを見つけられるかが

ポイントになるでしょう。

ちなみに、リップクリームにははちみつ、ミツロウ、ひまし油などが

使用されているそうです。

肌にいいと言われていますが、なかにはあまり自分とは合わない、

アレルギーが出てしまうという人もいるようですから、注意しましょう。

 

唇は、他の皮膚部分と比べるとターンオーバーが早いとされています。

つまり、皮膚の再生スピードがスムーズな部位だそうです。

ケアをすればすぐに再生することでしょう。

今、唇が荒れているという方も、

これからケアすれば魅力的な唇を手に入れられるはずです。

さあ、今日からケアを始めましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!