目元のクマ予防に効果があるのは、サングラスだった

老けこんで見える原因のひとつ。

それが、「目の下のクマ」です。

寝ているのに、目の下が黒ずんでいて不健康に見える。

顔全体がたるんでいるように見られる。

そういうクマのトラブルで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

こういうクマのトラブルは、どうしたら解決することができるのでしょうか?

サングラス

スポンサーリンク

自分がどのタイプのクマか、知っておこう!

クマといっても、いわゆる「寝不足」だけが原因となるわけではありません。

さまざまな理由が、クマを作り出しているのです。

たとえば、青みがかったクマ。顔の皮膚を引っ張ると、

少し薄くなるようなこのクマは、血行が悪いと出てきてしまうものだそうです。

また、黒みがかっているクマは、たるみが原因とされています。

上を向くと、クマがうっすら薄くなるような感じがするならば、

たるみのせいかもしれません。

肌を引っ張っても何をしても薄くならないような茶色のクマは、

色素沈着のせいかも。もしくは、あざだという可能性もあります。

さらに、目の下がへこんで見えるようなクマは、

もしかしたら痩せたせいかもしれません。

顔の肉が落ちると、起こりやすい現象です。

参考記事:目元のシワやたるみを改善する「アイクリーム」を今すぐ始めよう

効果があるのは「サングラス」

目の周りの皮膚は、ご存じの通りとても繊細なもの。

ひっかいたりこすったりするのはもちろん、

紫外線に当たり続けるだけでダメージを受けてしまう可能性があります。

そのためにも、日差しが強い日にはサングラスをするのがいいそうです。

「サングラスって、セレブがしているような感じで、私がしていると笑われそう」

「見た目が派手な人がかけているようなイメージだから、手が出しにくい」

というイメージがあるようですが、実は大変優秀なアイテムなのです。

サングラスをかけることで、目の病気を予防できるだけではなく、

目元の皮膚を守ることができるのです。

また、毎日のようにパソコンを使うようなお仕事をしている女性は、

パソコン用のメガネを利用してみるのもいいかもしれません。

 

クマをなくすためにも、マッサージは欠かせない

目元のマッサージを日常に取り入れていくのは大事なことです。

1日1分やるだけでも、だいぶ変わったという方もいらっしゃるようです。

お金や時間に余裕があればマッサージやエステに通うのもいいですが、

セルフマッサージもいいですね。

ただし、肌に傷をつけないように注意しましょう。

リンパマッサージなどでも効果があると思います。

大事なのは続けていくことです。

飽きたからといって、マッサージをやめてしまうことのないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!