日焼け止めの選び方を誤ると、シミ・シワの原因となる!

日焼け止めの正しい使い方シミの大敵「紫外線」その紫外線から肌を守るために、多くの人が日焼け止めを使用しているのではないでしょうか。

ただし、日焼け止めを正しい使い方をしないと、シミや肌の荒れの原因となってしまうこともあるそうです。

日焼け止めの選び方や正しい使い方を学んで、美しい肌をキープしましょう!

 

日焼けは、シミやシワの原因となります

もう有名な話ではありますが、日焼けはシワ・シミの原因となるものです。

何のケアもしないまま、紫外線を浴び続けていると年齢を重ねてから肌にダメージが表れるかもしれません。

ですから、日焼け止めが必需品になってくるのです。

さらに、「今、シミがないからまだまだ大丈夫」というわけではないそうです。

紫外線のダメージは、ジワジワと肌の奥に蓄積されていきます。

そしてある日突然、シミとなって出てきます。

そうなってしまうと、もう一気にシミが頬や目元に出てくるでしょう。

それからケアしようとしても遅いのです。

スポンサーリンク

 

きちんと選ばなければいけません

最近では、多くの種類のものが販売されています。

ジェルタイプ、クリームタイプに加えて、ミルクのようなタイプ、スプレーで吹きかけるタイプなどもありますよね。

「使い心地がいい」「香りがいい」「パッケージがかわいい」ということで選んでもいいものかもしれませんが、それだけで選ぶと大失敗することもあります。

たとえば、紫外線吸収剤を使用している日焼け止め。

これは肌に乗せて伸ばしても白くなりにくく、使用しやすいと言われている商品だそうです。

ですがその一方で、「肌に負担がかかる」「将来、シミやシワの原因になるかもしれない」という意見もあるそうです。

紫外線吸収剤とは、肌に塗った成分が紫外線をいったん吸収して、その紫外線を熱エネルギーに変えてしまうものだそうです。

肌が弱い人には、あまり向いていないものかもしれません。

敏感肌の女性は、紫外線散乱剤を配合した日焼け止めのほうが向いているという話もあります。

この成分は紫外線を吸収しないそうですから、肌には負担がかかりにくいそうです。

紫外線吸収剤は

「メトキシケイヒ酸オクチル」

「オキシベンゾン」

「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」

紫外線散乱剤は

「紫外線吸収剤無配合」

「ノンケミカル」

という表示のものを選べばわかりやすいそうです。

 

SPF、PAの数値はどれを選べばいいの?

日焼け止めを購入する時に、『SPF』という目安が表示されていますよね。

SPFとは、「サンプロテクションファクター」という単語を略したものであり、紫外線防御指数とも呼ばれるそうです。

紫外線を浴びてから、肌に赤い斑点が現れるまでの時間を、何倍にまで伸ばすことができるかというものです。

SPF20の日焼け止めを選ぶ場合には、赤い斑点が出てくるまでの時間を20倍伸ばすことができるというわけです。

『PA』という表示は、「プロテクショングレイドオブUVA」の略です。

SPFは、肌の赤みを防ぐのに対し、PAは皮膚が黒ずむのを防ぐそうです。

+という表示でその目安がよくわかるようになっており、+は少し効果がある、++は効果がある、+++はとても効果がある、という風に段階分けされています。

たびたび勘違いしてしまうのが、SPF値やPA値が高いものを選べば、より肌を守れるのではという考えです。

実は、こうやって日焼け止めを選んでしまうと、肌に負担がかかってしまうことがあるそうです。

海水浴をする時、屋外でゴルフやテニスを楽しむ時などは、確かに数値の高いものを選んでもいいかもしれません。

ですが、日常的に使うには、SPF20++程度がいいそうです。

シミを予防するのにはこれくらいがいいですが、基本的には外出時間から逆算して考えるのも手です。

つまり、外出時間や場所によって使い分けるのがいいかもしれません。

それでも日焼けが気になる人は、日焼け止めの上からファンデーションを塗るという方法も考えられます。

それに日傘を差したり、帽子をかぶったりすれば紫外線からも肌を守れることでしょう。

 

どのような日焼け止めを選ぶべきか?

肌が弱くて悩んでいる人は、こども用に売られている日焼け止めを使うのがいいそうです。

肌に負担がかかりにくいですから、少しは安心できる要素があります。

初めて使用する日焼け止めは、パッチテストをして肌に合うのかを確かめましょう。

また、できればオーガニックにこだわりたいという女性もいるかもしれません。

ですが、オーガニックといっても添加物が使われているものもあるそうです。

少しだけオーガニックの成分が含まれているだけで、オーガニックコスメという表示がされて売られているものもあるそうですから、

名前に惑わされず、成分で選ぶようにしましょう。

 

日焼け止めの正しい塗り方

まずは、適量を手の上に出して軽く伸ばします。

そして、ムラを出さないようにしていきます。

少しずつ重ね塗りしていくほうが、一気に塗るよりは綺麗に仕上げることができます。

汗をかいたら、それを拭いて塗り直しましょう。

特に日焼けしやすい場所、頬骨のあたりや鼻の周辺は重ね塗りをしましょう。

意外と忘れがちな耳の後ろや、皮膚がデリケートな目元も注意です。

スポンサーリンク

 

肌の老化を防ぐ「日焼け止め」の、正しい落とし方は絶対に知っておくべきこと!

日焼け止めの落とし方夏になると大活躍するのが「日焼け止め」です。

そのまま肌を焼いてしまうと、年齢が上になればなるほど大ダメージをくらってしまいます。

シミやシワの原因になりますし、肌がくすんでしまうこともあります。

毎日日焼け止めを塗る習慣をつけておけば、肌の老化をかなり抑えられるそうですよ。

まだ日焼け止め習慣を始めていない人は、これから始めても遅くありません。

しかし、日焼け止めをちゃんと落とさないと、肌により大きな負担がかかるそうです。

たとえば、家に帰ってから石鹸などで落とそうとしても、日焼け止めが落としきれないこともあるそうです。

洗い流そうとしても落ちにくい性質のものは、普通のやり方ではなかなか落ちません。

まずは、説明書をじっくり読んで、その落とし方を調べておくべきかもしれません。

ちなみに、専用クレンジングが不要と明記されているものは、普通の洗顔で落ちるとされています。

ですが、ウォータープルーフのように水を弾く性質の日焼け止めの場合には、落としにくい可能性もあります。

 

日焼け止めの正しい落とし方とは

・帰宅してからすぐに日焼け止めを落とす
家に帰ってからすぐに日焼け止めを落としましょう。

日が落ちる前に帰宅して、そのまままた外出するというのなら別ですが、できればすぐに落としたほうが、肌にはいいかと思います。

そのまま寝てしまったりするのは厳禁です!

 
・ゴシゴシこすらない
日焼け止めってなかなか落ちなさそう……そういうイメージで、日焼け止めを落とす時に肌をゴシゴシこすりがちです。

ですが、肌を必要以上にこすると、ダメージが蓄積されます。

こすっても日焼け止めがより落ちることはありませんから、注意しましょう。

指で優しく触れながら、日焼け止めを浮かして落とすイメージです。

参考記事:透明美肌を作るために、「摩擦」は避ける

 
・専用のクレンジングを使用する
専用のクレンジングが必要な場合には、購入して使用しましょう。

丁寧にクレンジングを行い、その後に普通の洗顔料でも顔を洗います。

腕や足、デコルテに塗った日焼け止めを落とす場合も同様です。

しっかりクレンジングした後に、ボディーソープで洗い流しましょう。

 
・洗顔した後にも、ケアをする
日焼け止めを落とした後は、化粧水などでしっかりケアをします。

洗顔をした後は、皮膚も乾燥しやすくなっています。

すぐに保湿できる美容液などを塗って、肌を潤わせましょう。

この時にスキンケアを怠っていると、肌荒れしてしまいます。

肌荒れした状態で、また日焼け止めを塗ると、肌トラブルの原因になりかねません。

ちゃんとした日焼け止めの落とし方をしって、若く美しい肌を保ちましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!