ほうれい線を消すのに効果的なのは「コラーゲン」

女性の天敵「ほうれい線」。

口元に入ったシワがあるとなしでは、

何歳も違って見えるといっても過言ではないでしょう。

肌質や生活習慣などによっても、

できやすい・できにくい人はいるでしょうが、

ほうれい線がある人は、できれば薄い状態に、

もしくはまっさらなツルピカ肌の状態に戻したいものですよね。

それでは、どうしたらほうれい線を改善することができるのでしょうか?

ほうれい線

 

■ほうれい線に効果的なのは、ズバリ「コラーゲン」だった!

コラーゲンは、実はほうれい線の改善に効果があるものだそうです。

なんでも、年齢を重ねるにつれて体が老化していくことで、

体内にあるコラーゲンも減っていく傾向にあるのだとか。

つまり、年齢を重ねたらコラーゲンを積極的に摂取したほうが

いいのだそうです。

スポンサーリンク

とはいえ、理想的な摂取量というものはなかなか見当がつきませんよね。

一般的には5グラム程度とされているそうですが、

できればもう少し摂取したほうがいいかもしれません。

でも、どうやって効果的にコラーゲンを取り入れたらいいのか、わからない人も多いですよね。

そのような方は、以下のような美容液に頼ってみるといいかも知れません。

コラーゲンを効果的にと入りれる

 

コラーゲンは、実は非常に優秀な物質です。

美肌効果が高く「肌のハリがアップする」

「潤いを保ちやすい肌質にしてくれる」という効果があります。

それだけではあれません。

「関節の間にある“クッション”機能を回復させてくれ、

関節痛を緩和させてくれる」「骨粗しょう症を予防してくれる」

「体の疲れや、眼精疲労をとってくれる」「高血圧を緩和させてくれる」

といった効果が望めます。

最近では、サプリメントなどでもコラーゲンを摂取することが可能です。

ですが、サプリメントでは限界があることも覚えておきましょう。

コラーゲンを豊富に含んでいる食材を直接口にしたほうが、

ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素など肌にいいだけでなく、

体にもいい成分を同時に摂取できます。

 

■コラーゲンを豊富に含んでいる食材とは

コラーゲンを豊富に含んでいる食材の代表格と言えば、

骨や皮まで食べられる肉や魚、さらにすじ肉などもいいそうです。

例を挙げると

・フカヒレ

・鳥皮

・うなぎ

・手羽先

・牛すじ

これらの食材を、積極的に摂るようにすればいいかもしれません。

 

それ以外にも、

コラーゲンと一緒に摂取するといいとされる食材もあります。

それが、ビタミンCが豊富な食材です。

ビタミンCの働きは非常に優秀で、

体内にあるコラーゲンの合成を促してくれます。

さらにメラニン色素が沈着しないように

防いでくれる効果もあるそうですから、

シミができにくい肌作りに貢献してくれることでしょう。

 

それ以外にも、血行促進を促してくれるうえに

新陳代謝をより活発化させてくれる「ビタミンE」や、

細胞にエネルギーを与えてくれる「コエンザイムQ10」、

肌の新陳代謝を促進してくれる「ビタミンB2」「ビタミンB6」などが

コラーゲンと一緒に摂取したらいいとされているものです。

「ビタミンB2」や「ビタミンB6」は、

ニキビを予防する効果もあります。

大人ニキビで悩んでいる人は、是非たくさん摂ってください。

 

■ほうれい線ができにくくなる生活習慣

ほうれい線ができにくい人は、生活習慣に違いがあります。

簡単にできることも多いので、

心当たりがある人は生活を変えてみましょう。

・日焼け止めをたくさん使う

紫外線が直接肌に当たらないように工夫することは大事です。

また、日焼け止めをこまめに塗ったほうが肌が老化しにくいそうです。

・食べものは、よく噛んでから食べる

口まわりの筋肉が鍛えられていたほうが、ほうれい線が

できにくいということですね。

・睡眠時間が豊富

できればたくさん寝たほうが、肌には優しいそうです。

たくさん睡眠時間をとれる人のほうが、

確かに肌にも優しい生活だと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!