シミと色素沈着の違いって一体何?

シミと色素沈着シミと色素沈着は、一見似ていますが、できる原因などが
違います。

では、シミと色素沈着の違いとは、どんな感じなのか、
気になるところですよね。

そこでまず、シミとは、どのような種類があるのか、
説明していきましょう。

シミとは一体どうしてできるものなのか?

シミとは、大半が日焼けによるシミが原因と言われていますが、
直射日光に当たると、当然紫外線に当たる時間が長くなり、
日焼けによるシミやそばかすができるのも、このようなことが
原因と考えられますよね。

人間は、外に出るとき、少なからず紫外線を浴びています。
例えば、紫外線を避けるために、サングラスをかけて、
外出したとしても、そのサングラスが、「UVカット対策」でない
ものは、目の瞳孔から、紫外線を浴びている可能性があります。

スポンサーリンク

それは、目の瞳孔から、「紫外線を受けた」というシグナルを
脳で受けてから、脳が「紫外線を受けた」ということを
受けているからです。

紫外線によるシミは、赤みをおびたシミか、茶色がかったシミが
多いでしょう。

そもそも、日焼け止めクリームを塗る必然性とは、紫外線対策
なのです。

日焼け止めを塗る事により、紫外線から肌を守ることができるもの
ですが、紫外線から肌を守ることにより、シミを予防することが
できるのは、お分かりのことだと思われます。

また、妊娠や出産などのストレスでできるシミを肝班といいます。
肝班とは、妊娠中や出産、育児などのストレスで、できるシミですが、
頬の両側に、同じ大きさのシミを肝班と言われています。
肝班によるシミは、大抵茶色っぽいような色をしています。

また、「ニキビをつぶすと一生残る」と言われた事はありませんか?
これは、ニキビを手で潰すと、ニキビの毛穴の中にある皮脂を
抽出することができますが、そこで、ニキビがつぶれたとしても、
傷として残り、将来的にはニキビ跡となってしまうからです。

参考記事:大人ニキビのケア方法とは?そして、ニキビ痕に効果的なケアはあるの?

色素沈着とは、どんな風にできるものなの?

シミと似ている色素沈着とは、一体普通のシミとどう違うのでしょうか?
一般的には、シミは自然現象でできるものですが、
色素沈着の場合は、人工的にできてしまうものだと考えられます。

色素沈着になる原因の多くは、紫外線などの自然によるものではなく、
肌をこすったり、顔を洗いすぎたりなど、肌への接触が強くなると、
肌に摩擦を与えてしまい、色素沈着が起きることをいいます。

具体的にいいますと、朝の洗顔などで、顔を清潔にしよう、ニキビを
作らないようにしようと、必死に顔を洗ってしまうパターンです。

とにかく、顔をこするということで、肌への摩擦が生じてしまい、
色素沈着が起きてしまいます。

顔だけに限らず、シャワーを浴びるときなどで、体を強くこすり
過ぎてしまうと、傷がついてしまい、色素沈着の原因にもなります。

そもそも、色素沈着とは、読んで字のごとく、肌の防御機能である
メラニンが、沈殿してしまう現象ですので、肌をこすったり、
引っ掻きすぎてしまったり、摩擦を与えてしまうと、メラニンが
沈殿しやすくなり、色素沈着になるとも考えられます。

また、血行不良によるくすみなどは、肌が乾燥し、バリア機能が
低下してくると、肌が黒ずんできますよね。

そして、ありがちなパターンとしては、美白化粧品や、美容液
などのスキンケアの際に、少量を顔全体に伸ばすことです。
このようにしてしまいますと、顔をこすってしまう機会が多くなり、
色素沈着の原因になります。

色素沈着といいましても、シミと同じく一度できてしまったら、
治すことが難しいと言われています。

シミや色素沈着を作らないように、それぞれの原因を知って、
予防する事を心がけていきたいものですよね。

 

スポンサーリンク

シミや色素沈着ができてしまったら・・・・

シミや色素沈着の違いと、できる理由をあげて参りましたが、
実際にできてしまったら、すぐにケアすることをおすすめします。

シミも色素沈着も、気にせずそのまま放置してしまうと、
年をとるごとに増えてしまい、肌の老化につながるからです。

治りにくいからといって、諦めるべきではありません。
とにかく、肌を清潔にして、毎日のケアを実践していけば、
シミや色素沈着を薄くしていくことは可能なのですから。

朝は、起きたら必ず肌に優しい洗顔料で顔を洗いましょう。
洗顔の際には、ごしごしとこすらずに洗い、洗顔料を
泡立ててから、桃をなで洗う感じで、優しくさっと洗いましょう。

また、起床後の一杯のお水を飲むことも、肌にはとても効果的です。
洗顔後は、とにかく保湿です。

できてしまったシミや色素沈着があるということは、肌はとても
乾燥している状態だと考えられます。

夏場は、汗をかくから、保湿は必要ない!と考えてしまいがちですが、
夏場は、クーラーやエアコンに当たることが多い為、実は
知らないうちに乾燥していることも多いのです。

顔だけではなく、体全体も清潔にすることが大切ですので、
シャワーか、お風呂は毎日入るようにしましょう。

顔でも、体でも、「ごしごしとこする」ことは、肌に摩擦を
与えてしまいますので、色素沈着の原因になります。

体を洗う時も、顔と同じように、ボディーソープ或いは、
石鹸を泡立ててから、優しくさっと洗いましょう。

シミを消すためには、保湿後の美白ケアを行なうことを
おすすめします。

時間はかかりますが、毎日ケアをしていけば、シミや
色素沈着を目立たなくすることができます。

でも、美白効果がある化粧品もたくさんあるのでどれが自分に合っているのか悩んでしまうところです。

いま以下の美容液が、雑誌に取り上げられて噂になっています。トライアルキットがありますので利用してみてはいかがですか?

雑誌でも取り上げられた評判の美容液

肌の漂白剤といわれるほど、シミを消す効果が高いハイドロキノンや、刺激や副作用がほとんんどなく、
シミや色素沈着ができている肌への浸透性が高く、シミや色素沈着を効果的に解消する効果の高い
ビタミンC誘導体が配合されている美白化粧品がおすすめです。

肌を清潔な状態にし、保湿ケアと美白のケアを毎日
行なっていけば、時間はかかりますが、シミや色素沈着を
薄くして、目立たなくすることが可能なのです!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!