シミは、いつからできるものなの?

シミシミって、一体いつからできるのか、いつも疑問に思う方も少なくはないでしょう。

シミができる年齢は、個人差があります。

30代までシミが 一つもなかった人が、急激に増えたという話をきいたことがありますが、早い方でも、だいたい20代からシミができて美容サロンに通い始めたという話もきいたことがあります。

 

個人差がありますが、早い方で20代からと言われています

では、何故、20代からシミができてしまうのか、とても気になるところですよね。

20代からできるシミの大半の原因は、紫外線からのダメージによるものが多いでしょう。

特に、スポーツなどで長時間屋外にいる機会が多くなると、それだけ、紫外線を浴びる量が多くなります。

スポンサーリンク

紫外線を浴びると、肌の奥にメラニン色素が蓄積されます。

そして、毎日のように紫外線を浴び続けていくと、肌の奥に蓄積されたメラニン色素が増大して、シミとなって現れていきます。

もちろん、紫外線対策をきちんと毎日行っていれば、20代にできやすい紫外線によるシミも予防できるものですが、それと同時に、過労や、睡眠不足、精神的なストレスから、ホルモンの分泌といった影響から、シミができやすくなってきます。

若い頃から、シミがあるだけで、とてもショックは大きく、シミを完全に消すまでに、相当な時間と努力を必要とされると思われるかも知れませんが、実際に、どういった理由から、肌の老化が始まるのか、きちんと理解していくことと、スキンケアに対する興味をもつことが、スキンケアの第一歩なのです。

 

紫外線対策と寝不足によるシミ

外出時に、帽子をかぶるなど、それなりのUVケアを行なっていれば、紫外線を受ける量が減ります。

また、もともと色が黒い人は、紫外線から肌を守るためのメラニン色素が多い為、シミができにくいと言われています。

そのため、反対に色が白い人は、メラニン色素が少ないため、紫外線に当たると、肌が紫外線をブロックするために、メラニン色素が大量に生成され、シミができやすいのです。

シミは、睡眠とも密接に関係していると言えます。

それは、夜の10時から朝の2時までの間に、深い眠りにつくと成長ホルモンが分泌され、日中浴びた紫外線によりダメージを受けた肌を修復する効果がえられるという仕組みです

そのため、紫外線対策をきちんと行なった上で、睡眠をしっかりとっている人は、シミができにくいものなのです。

ですが、紫外線対策を念入りに行なったとしても、毎日の睡眠をしっかりとっていなかったりすると、肌の新陳代謝がスムーズに行なわれなくなり、肌荒れや、くすみなど、肌の老化にもつながります。

上記で言いましたように、過労や睡眠不足からくる精神的なストレスとホルモンの分泌は、シミや、肌の老化と連動しているのです。

体調の何らかの不調は、肌の不調でもあるのです。

 

30代、40代から目立ってくるシミとは?

20代も、肌が綺麗と言われ続けてきた人も、ついに、シミが目立つ時期がやってきます。

もともと30代は、「肌の下り坂」と言われているように、毎日例え簡単なスキンケアでも、毎日ケアしているのとそうでないのとでは、肌年齢の差がはっきりでてきてしまうでしょう。

30代になってくると、妊娠や出産を経験した主婦ならば、両側の頬にできる肝班(かんぱん)に悩まされる方も少なくはないでしょう。

これは、妊娠によるストレスや、育児などのストレスにより、女性ホルモンのバランスが乱れ、肌の奥に色素沈着が起きてしまい、肝班ができてしまうといった、出産前後にできやすいシミの一種なのです。

また、30代では、20代の頃にケアをいかに行なってきたかが、ダイレクトに出ます。

20代の頃、きちんとスキンケアを行なっていなかったり、バランスのとれた食生活や、睡眠など、また、洗顔などで、肌を清潔にしておかないと、肌が汚れたまま生活することになり、肌に黒ずみや、吹き出物ができやすくなり、肌の老化につながっていきます。

40代になると、もともと肌にあったコラーゲン成分が損なわれるため、肌が乾燥しやすく、肌荒れや、くすみなどができやすい年代になってきます。

よく、30代、40代でも、年齢を感じさせないくらい若返って見える「美魔女」と言われている人でも、最初からシミが全くなかったとも言い切れません。

彼女達は、シミ一つない肌になるために、あらゆる努力を重ねてきた人達です。

くどいようですが、シミは、早い人でも、20代からできてしまうものですが、スキンケアの必要性をご理解頂き、スキンケアはもちろんのこと、美肌効果や、アンチエイジング効果のある食物に興味を持って、ケアをしていくと、楽しい気分で、スキンケアをして、美肌になっていくことができることだと思います。

スポンサーリンク

 

シミのできる原因は、日焼けだけじゃない!シミができる5つの原因を知る

紫外線いつもは鏡をあまり見ないという方は、鏡でじっくり自分の頬を見つめてみて下さい。

ポツポツと、薄いシミができていることに気付きませんか?

「まずい!紫外線のせいかもしれない!」なんて慌てる方もいますが、シミができる原因は、実は紫外線だけのせいではないそう。

そもそも、シミは年齢を重ねるにつれてできやすくなるとされています。

とはいえ、加齢のせいだけとも言えません。

それでは、どのようなことが原因でシミができてしまうのでしょうか?

 

日焼け

とはいえ、やはり日焼けのせいでシミができてしまう人は多いそうです。

比較的に太陽の光に当たりやすい部位、つまりは頬骨やこめかみなどには、特にシミができやすいそうです。

アラサーでもできる人はいますが、アラフォーぐらいの年齢から増えてくる人が大半でしょう。

紫外線対策をきちんとすれば、ある程度のシミは防止できます。

でも、すでに日焼けでシミができてしまった時にはどうしたらよいのでしょうか。

そのような人におすすめなのが、日焼けによるシミが薄くなったと話題の以下の美容液です。

日焼けでできたシミが薄くなる

 

ニキビ

ニキビを潰した跡が、シミになってしまうこともあります。

それ以外にも、吹き出物をひっかいたり、肌荒れの跡がシミになってしまうこともあるそうですから、

肌荒れしやすい人は気をつけましょう。

肌に合わない化粧品を顔に塗ったり、首筋に肌によくない成分が入った香水をぶったりすると、

肌荒れしてしまうこともあります。

その状態で紫外線を浴びると、肌に炎症が起こり、シミができてしまうこともあります。

体や肌が生まれつき弱い人、抵抗力が弱まっている人は気をつけるべきでしょう。

 

かゆみ

顔がかゆくて、しょっちゅう肌をひっかいていると、その刺激のせいで色素沈着が起こり、シミができてしまうことがあるようです。

いつも顔の同じところをかいたりむしったりしてしまう癖のある人は、なるべくやめるようにしましょう。

ちなみに、シミはこすったり皮膚を削っても消えることはありません。

逆に濃いシミになってしまうこともあるようですから、そのようなよくない習慣も避けるようにしましょう。

 

色白

もともと色が白い人は、ソバカスができやすいとされています。

ソバカスが多い人は、紫外線に弱いとも言われています。

日焼けを重ねるとソバカスの数が増えたり、色が濃くなったりすることもあるでしょう。

基本的に、ソバカスは急に出てくるものではありません。

遺伝的な性質を持っているものがほとんどです。

それにしても、色が白い人は、シミができやすい体質とも言えるかもしれません。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンのバランスが崩れると、鼻のまわりや頬にシミが出てくるとされています。

早い人では、アラサーからこのホルモンの乱れによるシミを体験する方も出てくるでしょう。

色が濃く、鼻の下、頬、額、目尻などにできやすいシミ。

コマーシャルなどでもたびたび目にする機会のある、肝斑(かんぱん)と呼ばれるものです。

これは、卵巣機能が不調になるとできやすいものとも言われています。

妊娠したり、月経の前になったり、まさに月経の途中に目立つようになることもあるでしょう。

妊娠している時に出てくるシミは消えるものもありますが、出産した後にもしっかり残ってしまうものもあるそうです。

参考記事:妊娠中、出産後で、顔が老けてみえてしまう・・・

まぶたが黒ずんでしまうものもあるそうですが、疲れやすい人にはこの症状が出やすいそうです。

ストレスのある環境で生活している人は、気をつけましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!