スポーツで日焼けしてしまった肌をどうにかしたい!

スポーツで、長時間、屋外にいると、日焼け止めクリームを
いくら塗っても、日焼けすることってありませんか?

特に、テニスなど、半そでや半ズボン、スコートなどを履いていると、
日焼けをしやすいもので、一ヶ月立つと、日焼けがシミに展開など、
思わぬ肌トラブルになってしまいます!

日焼け後のケアをしないと、シミの原因になります!

まずは、日焼けをしてしまったら、すぐにケアが必要です。
そして、人間は、日焼けをしたら、すぐにシミができる訳では
ありません。

日焼けをすると、肌の奥に、メラニン色素が沈殿され、
そのメラニン色素が増大すると、始めてシミとなって現われます。

シミになる前に、どうにか手を打っておきたいものですね!
日焼けによるシミやそばかすが増えれば、肌の老化が進行します。

スポーツを長時間するのなら、日焼け止めはもちろんのことですが、
紫外線は避けて通れないとしたら、一体どうやってシミの予防が
できるものでしょうか?

スポンサーリンク

日焼けは、肌の火傷のようなものです。若い頃は、日焼けをしたら、
すぐもとの肌に戻るものと言われていますが、大人になると、
一度焼いてしまった肌を元に修復することは難しいものです。

そのため、出来るだけ紫外線に極力当たらないための何らかの
対策が必要なのです。

スキンケア、紫外線対策のほかにも、ビタミン剤の摂取など、
手を打つ方法は色々あります。

しかも、これから夏にかけては、紫外線の量が倍増されます。
スキンケアとUVケアで、美肌を維持しつつ、これ以上、シミが
できない綺麗な肌になりたいものですよね。

 

e0104703_10593275

 

スポーツ時は、紫外線対策を万全に行ないましょう!

スキンケアとUVケアが万全ならば、スポーツによる日焼けを
気にせずいたいものですね。

それには、毎日のスキンケアが必要です。朝のお目覚めの後は、
顔をよく洗いましょう。

また、日焼けをした後の肌はとても乾燥しています。保湿効果の
あるヒアルロン酸やコラーゲンの入った弱酸性の洗顔料を泡立てて、
顔を優しく洗いましょう。

最近では、ふんわりクリーム状になったポンプ式の洗顔料が
ありますが、そういった洗顔料がおすすめです。

顔を優しく洗い、ぬるま湯で洗顔料を洗い流した後は、タオルで
顔を押すようにしてふき取りましょう。

洗顔の際には、決して、こすったりして、肌を摩擦しないように、
気を付けて下さいね。

また、洗顔後は、顔にたっぷりと水分を補給させましょう。
肌の奥まで浸透するタイプの保湿用の美容液を肌になじませていきましょう。

保湿ケアは、できるだけ、美容液を顔に塗るのではなく、
顔に叩くような感じで、ケアしていきましょう。
その方が、美容液の肌への吸収力もあります。

スポンサーリンク

そして、外出する前や、スポーツをする前には、日焼けしやすい部分に
日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

出来るだけ服装は、紫外線に当たらないような長袖、長ズボンがおすすめです。
また、帽子や、UVカットの効果のあるサングラスや、コンタクトレンズが
おすすめです。

それでも、日焼けしやすい方は、紫外線を予防するために効果的な、
ビタミンCなどのサプリメントを補給すると良いでしょう。
こまめな水分補給も、美肌対策にはとても重要です。

参考記事:大人の美女は、賢く美しくサプリメントで栄養補給! 美肌にいいサプリはコレだ!

日焼け後に実践して欲しいとおすすめのケアとは?

日焼け後は、きちんとケアをするかしないかで、美肌への
明暗も違ってきます。

くどいようですが、日焼けとは、肌の火傷のようなものです。
日焼けをしたら、タオルを温かいお湯で濡らした蒸しタオルで、
顔に10分間くらい当てましょう。

そして、蒸しタオルのケアが終わったら、日焼けによる肌の炎症を
おさえる効果のあるアロエエキスが配合された美容液で、
スキンケアをしていきましょう。

それから、寝る前には、メラニン色素の生成を抑える働きのある
ハイドロキノンが配合されている美白化粧品で、ケアをしましょう。

また、寝る時間帯にも、肌を整えてくれる効果がありまして、
夜の10時から翌朝の2時頃に熟睡していると、日中受けた紫外線に
よるダメージを修復することができるのです。

日焼けをしてしまったら、できるだけ早目にケアをすることが、
これからのシミやそばかすを予防するためにもおすすめです。

また、日頃から、ビタミン類が豊富な野菜や、果物、タンパク質などを
積極的に摂り、大豆や、豆乳、豆類などのイソフラボンなどを食べましょう。

バランスのとれた食生活の中で、紫外線を予防する食物を上げてきましたが、
もしも、食生活で補えないものは、栄養ドリンクやサプリメントなどを
常に摂ることで、紫外線を予防し、美肌を維持していくことができます。

大まかに説明しますと、日焼けをした後は、早目のケア、そして、
十分な睡眠と栄養を毎日かかさずしっかり摂ることなのです。

内側と外側のケアが十分でないと、いくらスキンケアをしたとしても、
スキンケアの意味がなくなってしまいます。

そのような点に留意しつつ、ご自身で出来る範囲のケアを目指して
いきましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!