真冬に気をつけたほうがいいことって何?

冬になってくきますと、家の外や中は、乾燥するため、
肌が乾燥しやすくなります。

また、真冬の寒さで、暖かい服装でないと、すぐに
体が冷えてしまいます。

美肌の最大の敵である紫外線は、夏場よりも大分
減ってはきていますが、それでも、紫外線は、地上へ
降り注いでいるものなのです。

そのため、毎日のスキンケアのなかで、保湿のケアは、
重点的に行なって欲しいものです。

真冬の肌は、ほうっておくとどうなるの?

そして、真冬は、紫外線がまったくないからといって、
UVケアと全くしなくてもいいというものではありません。

毎日のスキンケアは、基本的に一年中を通して行なうものですが、
人間の肌は、日々、老化へ近づいているものです。

スポンサーリンク

肌にもともとあるコラーゲン成分も、年齢とともに失われて
いくものですが、特に真冬は、とても乾燥しやすい上、
暖房などのエアコンに長時間あたっていると、
ニキビや肌荒れとなり、それがやがてニキビ跡によるシミ、
肌のくろずみが、くすみとなって現われます。

くどいようですが、真冬だからといって、特別なケア方法
とうものはありません。

ですが、現実的に肌が乾燥しやすいですので、水分補給は、
こまめに行ないましょう。

 

Redhead girl in bathroom

 

真冬は特に気を付けて欲しい顔の洗い方を教えます!

真冬は、外にいても、中にいても、体を冷やさないように
気をつけましょう。

朝の洗顔も、季節に関係なくぬるま湯で洗うようにしましょう。
真冬で寒いからといって、熱いお湯で顔を洗ってしまい
ますと、肌が熱により炎症を起こしてしまい、色素沈着の
原因にもなります。

真冬の肌は、乾燥によるダメージを受けやすい肌になっています。
洗顔料は、肌に優しい無添加の石鹸をなるべく使うようにしましょう。
石鹸は、顔を洗う前に、クリーム状に泡立て、優しくマッサージを
するように洗いましょう。

真冬は、冷えによる原因で便秘になりやすいものです。便秘と冷えに
より、肌荒れを起こしやすいため、肌はとてもデリケートです。

真冬は、とくに、顔への刺激には気を付けて下さい。
洗顔の際には、顔をこすったり、タオルで拭く時も優しく押し当て
るようにして、こすらないようにしましょう。

真冬は、保湿ケアや水分補給、コラーゲンが欠かせません!

真冬は、洗顔後の保湿や、お風呂上りなどの水分補給が必要です。
洗顔の後は、できるだけ間をあけずに、保湿ケアをすることを
おすすめします。

肌の調子を整え、保湿効果のあるセラミド、ヒアルロン酸、
コラーゲンなどの美容成分が配合されている美容液もしくは、
ローションで、水分補給をしましょう。

真冬の時の入浴は、体内を全体的に温め、体の血行にもよい
ものです。

ですので、真冬は、できるだけ毎日お風呂に入りましょう。
もしも、時間的に余裕がない場合は、足湯がおすすめです。

入浴を行なうことで、肌の角質細胞が清潔になり、毛穴が
開いてくれますので、入浴後の保湿が肌への奥深くの浸透が
十分に行き渡ります。

入浴後は、肌へしっかりと水分を補給させましょう。
また、体内への水分を補給することで、体内の老廃物が
スムーズに排出されるでしょう。

真冬は、暖房器具などに長時間あたっていると肌にとても
良くありません。

スポンサーリンク

できるだけ、暖房の熱風に直接肌が当たらない場所にいるか、
自分で調節できる環境でしたら、暖かくなったら電気を切る
などして、調節しましょう。

また、暖房に長時間あたりすぎていると、ただでさえ乾燥しやすい
環境にいるため、水分が不足しがちです。

のどが渇いたら、こまめに水分補給をしていきましょう。
肌への水分も大切ですが、体内から水分を補給することも
必要です。

また、真冬になると、夕食に「お鍋料理」というのも、
珍しくありません。

美肌にとても効果的なコラーゲンエキスの入った鍋や、
コラーゲン成分の多い、すっぽんや、鶏肉などの鍋料理は、
美肌にとても有効です。

冷えによる便秘に気を付けて、できるだけ暖かい服装を!

体が冷えると、様々な弊害が生じてきます。どのような弊害が
生じてくるかといいますと、みなさんも、ご存知のとおり、
肌のくすみです。

それは、体が冷えると、体内の血行が悪くなり、顔が黒ずんで
見えてきます。

また、体が冷えると、体内の血行が悪くなることが原因で、
腸にも影響し、便秘にもなりやすくなります。

昔から、肌と腸は密接な関係をもちますので、最近、便秘がちと
言う人は、肌の調子が悪くなっているのかも知れません。

便秘を予防するためには、食物繊維の多い食物を積極的に
食べるということをおすすめしますが、便秘に聞くお茶などを
飲むことで、腸の調子がよくなりお通じもスムーズになります。

また、冷えを避けるためには、体を温める運動がおすすめです。

参考記事:冬の美肌ケアは「温める」ことが大事!家にあるもので、ケアはできる!

数分間のラジオ体操や、有酸素運度も良いですが、
肌の筋力をつけるためにも、フェイスマッサージなども、
肌にハリと弾力を与える効果があります。

真冬は、とても乾燥しやすいので、保湿ケアを積極的に
行なうことが必要ですが、体内の血行を良くして、冷えを
予防することも、大切です。

月並みですが、暖かい服装でいるだけで、体が温まり、
血行も良くなります。

冷えは、美肌の敵であるということをお分かり頂けた
でしょうか?

真冬は、特に気をつけたい以上のことをご理解頂き、
乾燥対策をしっかりと実践していくことが必要であることを
忘れないで下さい。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!