シミやそばかすって、中学生でもできるもの?

女子中学生中学生の頃は、所謂思春期といって、ニキビができやすい時期でもあります。

ところが、同時に、シミやそばかすができてしまう子もいます。

そもそも、シミやそばかすは、幼少の2歳児の頃からできやすいとも言われています。

 

中学生の頃は、特にお手入れをしなくても・・・と思いますが

本来、中学生という10代の頃は、毎日普通の生活をしていても、睡眠を十分とって、洗顔を毎日心がけていれば、シミやそばかすはできにくいものとされてきました。

しかし、地球の温暖化減少により、紫外線の影響で、色が白い子は特に、シミやそばかすができやすいことが分かって来ました。

中学生という受験を控えたお年頃の子は、ニキビを気にするあまり、色々なスキンケアを試す場面がみられます。

スポンサーリンク

10代の頃からのスキンケアは、まだあまりにも早すぎるような気がしますよね。

そのため、大人が使っているような美容化粧品や、日焼け止めクリームなどを使わなくても、健康な素肌でいたいものです。

それでも、スキンケア化粧品を使って、シミやそばかすが防ぎたい、あるいは、できてしまったシミやそばかすを改善したいという方に、おすすめなケア方法と、化粧品の選び方などを考えていきましょう。

 

若い方から、高齢者の人まで使えるスキンケアとは?

よく、10代の頃から60代過ぎても使うことができる大人の方まで幅広い年齢層のスキンケア化粧品がドラッグストアーやインターネットで、多種多様に普及されていますよね。

所謂「アンチエイジング」と書かれているような化粧品は、中学生のスキンケアには、向いていません。

10代の頃は、肌のコラーゲン成分といわれている皮脂の分泌も多い為、保湿ケアをしてしまうと、かえって肌がかさかさになってしまうことがあります。

10代の頃のスキンケア化粧品なら、お小遣いで買える範囲内の市販の化粧品で十分なのです。

朝の洗顔後に、肌の調子を整え、シミやそばかすを改善する効果のあるビタミンC誘導体が配合されている美白化粧品がおすすめです。

もしも、市販で自分の思うような化粧品が分からなければ、インターネットなどで、割とお値打ちな価格で購入出来るもので、確実にシミやそばかすを改善する効果のあるものが良いでしょう。

一度できてしまったシミやそばかすは、改善されるまでに時間がかかりますが、若い方から高齢者まで使え美肌や美白ケアとして、とても有効な成分であるハイドロキノンが配合された美白化粧品は、できてしまった中学生のシミやそばかすを改善するためには、とても効果的です。

朝の起床後は、顔をごしごしと洗うと、肌荒れや色素沈着の原因になりますので、ぬるま湯のお湯などで、40秒以内で、無添加の石鹸を使って、石鹸を泡状にしたら、優しく桃をなで洗うような要領で、顔を洗いましょう。

タオルで、顔をごしごし拭くのも禁物です。

 

美容パックと簡単な紫外線対策こそが、シミやそばかすを防ぐ!

その後は、ニキビなどの肌の炎症を抑える働きのあるアロエが配合された化粧品をスキンケア化粧品に使用されることがおすすめです。

よく、アロエやどくだみ成分が配合された美容パックなどを30分から40分くらい肌につけることも、おすすめです。

その際には、長時間美容パックをつけたままにすると、かえって肌によくありませんので、一時間以内をメドにされると良いでしょう。

また、シミやそばかすは、日焼けをしたらすぐにできるものではなく、紫外線を浴びた肌は、メラニン色素を生成させ、メラニン色素が増大すると、シミやそばかすとなって肌の表面に現れますので、日焼けをしたら、すぐにハイドロキノンや、ビタミンC誘導体などが配合された美白化粧品はでケアすることをおすすめします。

メラニン色素や、色素沈着、色素班の生成を抑えてシミやそばかすを効果的に防いでくれる作用があります。

夜の寝る前に、アロエの美容パックが終わりましたら、日焼けをしてしまった部分にシミやそばかすができないように、ハイドロキノンやビタミンC誘導体が配合された美白化粧品などでケアしていきましょう。

また、外に出る際には、帽子や、日焼け傘などを身につけ、肌を露出しないような服装で、紫外線から肌を守ることができます。

もちろん、日焼け止めクリームなどを日焼けしやすい部分にぬるのも構いません。

参考記事:日焼けしてしまった!そんな時に必ずやりたいアフターケア

寝る前の簡単なケアと紫外線対策を行なうことで、シミやそばかすを防ぐことができるのです。

また、普段からビタミンCなどの野菜や果物を積極的に摂取することで、シミやそばかすを予防することができます。

ビタミンCの栄養剤や、ドリンクなども、とても効果的ですが、できるだけ、生ものである緑黄色野菜や、果物をとることで、肌の内側からケアをすることができます。

スポンサーリンク

 

若いうちからスキンケアをすれば、ずっと美肌でいられるの?

肌ケアを考えるさて、中学生でもシミやそばかすができてしまうことは先にも書かせてもらいましたが、みなさんは、スキンケアって、若い頃からやっておいた方が、一生美肌でいられるものだとお思いでしょうか?

答えは、イエスなのです。

ですが、若い頃にスキンケアをしたからといって、大人になったら、スキンケアを全くやらなくても、ずっと美肌でいられるものではないのです。

 

若いうちからスキンケアをする必要とは?

人間の肌は、日々、生まれ変わるものです。

肌のターンオーバーという、肌の新陳代謝というものは、年齢を重ねるごとに遅くなっていきます。

日ごろからしっかりスキンケアをしないと、肌は老化し、やがては、目元のこじわやたるみ、または、シミやそばかすなどができてしまい、後になって、取り返しのつかないことになってしまいます。

そのようなことがないように、できれば、中学生くらいのうちから、簡単なスキンケアで構いませんので、きちんと肌のお手入れをしていきたいものですね。

10代といわれる若い頃でも、きちんと紫外線対策をしておかないと、人によっては、シミやそばかすができていたということにもなりかねませんよね。

また、10代の頃に、できてしまったシミやそばかすは、若いからといってすぐに治るというものではありません。

一度できてしまった場合は、時間をかけて改善していくことになります。

 

若いうちは、洗顔と紫外線対策は、最低限必要です!

では、10代の頃のおすすめのスキンケアとは、一体どんなことをすればいいのか、考えていきましょう。

10代でも、もっと若かったとしても、毎朝、起きたら、すぐに洗顔しましょう。

また、若いうちは、肌に皮脂が十分にあると考えられますので、保湿のケアまではしなくても、大丈夫でしょう。

ですが、春や夏などの紫外線の量が多い日は特に、UVケアを行なうようにすると良いでしょう。

厳密に言えば、紫外線というのは、一年中降り注いでいるものですので、できれば、一年中紫外線対策として、紫外線に当たらないように、帽子や、日傘、サングラスなどのUVケアが必要です。

そして、最低限度、春から夏にかけての日差しが当たる紫外線の量が多い日は、紫外線を肌を守るためにも、日焼け止めクリームなどを塗るようにしましょう。

そもそも、若い人が、シミやそばかすができてしまう原因は、遺伝的な要素も考えられますが、日焼けで、肌が紫外線に当たることで、メラノサイトが活発になり、いずれ、メラニン色素がたくさん生成されていくのです。

これは、紫外線から肌を守るための防御反応ですが、メラニン色素が増大してくると、やがて、シミやそばかすとなって肌の表面に現れてくるものなのです。

シミやそばかすは、日焼けをすると、すぐに肌の表面に現れるものではありませんが、日焼けをして、メラニン色素が、肌の奥に潜んでいるころから、シミやそばかすができないためのケアが必要なのです。

 

日焼けをした後は、直ちに保湿と美白のケアをしていきましょう!

日焼けした後、シミやそばかすが表面に現れないようにケアをするには、紫外線対策の他に、どんなことを考えれば良いのでしょうか。

それは、洗顔後の保湿ケアと、美白のケアなのです。

洗顔後の保湿ケアは、若いうちは必要がないと述べていましたが、日焼けをしてしまった場合などは、肌が乾燥していますので保湿のケアは重要です。

何故なら、日焼けとは、いってみれば、肌のヤケド或いは、肌の炎症のようなものだからなのです。

日焼けをした後は、十分な水分補給が必要です。

肌の乾燥を防ぐためにも、スキンケアなどの外部的なケアと、実際に、水分を体内に摂取することがとても大切です。

その際には、保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が配合された美容液を顔に叩くようにして、ケアをしましょう。

また、日焼けしてしまった肌から、シミをしっかりと予防してくれるビタミンC誘導体や、ハイドロキノンが配合された美白化粧品で、美白ケアを夜の寝る前に行なって下さい。

若いころから、シミやそばかすができない肌にするためにも、日頃から栄養のバランスがとれた食生活に気をつけましょう。

野菜や果物などのビタミンCが豊富な食べ物を積極的に摂りましょう。

そして、眠っている時にしか作られない新しい肌を作り出すためにも、早寝早起きは、美肌つくりに欠かせません。

脂っこい食べ物や糖分や脂肪の多い食べ物ばかりを食べて、夜更かしなどをしてしまいますと、肌だけではなく、健康にも良くありません。

洗顔と、保湿、美白ケアによる外部的なスキンケアと、栄養のバランスのとれた食生活や、睡眠時間を十分にとるという内部的なスキンケアを若いうちからすることで、シミができにくい健康な美肌を保てることは、間違いないでしょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!