体調が良くない時ほど、肌の調子も悪くなるもの?

体調不良体調があまり良くない時や、寝不足気味な時ほど、
肌の調子がダイレクトに出ます。

なぜかと言いますと、体の調子と肌の調子は、密接に
関係するからです。

体調と肌の調子の相関関係は、どのようなもの?

典型的な例で申し上げますと、便秘気味な時は、
ニキビができやすく、肌荒れを起こします。

また、冷えは、肌の血行不良の原因にもつながり、
くすみやたるみになりやすくなります。

そして、寝不足が原因で顕著にでるのが、目元のくまです。
目元のくまなどは、仕事による過労や、寝不足が原因なのは、
明らかですよね。

このように、寝不足、便秘、冷えといった体調不良は、
目元のくすみやたるみ、くまなどの原因になるといった
体調と肌の相関関係があたかもできているように考えられます。

スポンサーリンク

体調不良は、免疫力の低下につながりますし、
肌にもよくないことがたくさんありますよね。

まだまだその他にも、体調不良による肌荒れには、
たくさんの理由がありますが、具体的に体と肌の
密接なつながりを知り、如何にして、肌に良いことを
実践していくべきなのか、考えていきましょう。

体と肌の密接なつながりを知りつつ、
スキンケアをするきっかけとなれば、幸いです。

肌にとって、よくない事とはどんなことが考えられる?

もともと、女性の方が男性よりも冷え性が多いと
きいています。

冷えは、肌荒れの原因ばかりではなく、
便秘や痔、肩こりや関節痛の原因にもなります。

冷えが何故、肌荒れを起こすかといいますと、
先ほど申し上げましたように、体が冷えると、
肌も冷え、そうなると、肌の血行が悪くなり、
肌のむくみや、くすみがおきてしまうのです。

そのため、体が冷えていると思った時は、
体全体の血行を良くする入浴や、
簡単な体操などを行なうと良いでしょう。

もちろん、汗を流すくらいの運動も、体全体の
血行が良くなってくるので、体をまずは
動かすことが大事なのです。

また、肌の血行不良は、シミの一種である色素沈着という
原因にもつながります。

参考記事:シミと色素沈着の違いって一体何?

肌の血行不良の後には、今度は、肌がかさつくなどの
乾燥肌にもなりえます。

乾燥肌は、美肌の敵です。しっかりと保湿のケアをして
いくことが必要になります。

また、夏の暑さや冬の寒さの温度を調節するエアコンのあたり
すぎも、体に良くありません。

スポンサーリンク

実は、このエアコンのあたりすぎも、肌の調子を悪くする一因だと
考えた方が良いでしょう。

要するに、エアコンの風に長時間あたってしまうと、肌が乾燥しやすく
なり、肌トラブルの原因になるということなのです。

このため、デスクワークでエアコンが当たる場所に長時間いた人が、
肌がかさついて、肌の老化が進行していたということも
珍しいことではありません。

できるだけ、温度調節は洋服でできるようにして、エアコンは、
一定の時間や温度に達したら切るなど、エアコンに頼りすぎない
ことが大切です。

体の不調が、肌の不調を呼ぶメカニズムとは?

便秘になると、肌の調子が悪くなるのはどうしてだろうと、
考えたことはありませんか?

或いは、便秘がちた時に限って、よくニキビができる
といった経験はないでしょうか?

実は、肌と腸は密接に関係していて、お通じがスムーズにいくと
いうことは、胃や腸の働きが順調で、肌に良い影響を与えます。

これは、一概には、どういうことか分かりにくい部分がありますが、
恐らく、ホルモンのバランスの関係にも影響していることだと
考えられます。

また、睡眠が肌の調子の良し悪しを左右するのは、もうご存知の
方もいらっしゃるかと思いますが、肌の新陳代謝は、眠っている
夜のうちに行なわれます。

特に、夜の22時を過ぎると、成長ホルモンの分泌が活発になる
ため、新しい肌が作られやすい体勢に入るという理由です。

そして、精神的なストレスや、過労、寝不足なども、肌に
ダイレクトに影響します。

便秘や、過労、寝不足などで、肌の調子を悪化させる前に、
是非、ビタミン類や、繊維質の豊富な食物を積極的に摂取し、
入浴や、アロマセラピーなどのリラクゼーションの時間を
作り、睡眠をしっかりとることで、このような体調不良による
肌の調子も整えられることだと考えられます。

体の不調は、肌の不調にもつながるということを良く理解して、
いかに、日頃の生活習慣を見直すことが大切かを学び、
今後の内側のスキンケアにも努めていきたいところですね。

肌のたるみやくすみ、目元のしわやくまなどをつくらないためにも、
肌にとって良いケアは、実は、体にとても良いことなのです。

体全体が健康であれば、肌の調子は自然と良くなっていきます。
そのため、無理のないケアを日々行なっていければ、きっと
体にも肌にも優しいお手入れができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!