若いうちからスキンケアをすれば、ずっと美肌でいられるの?

肌ケアを考えるさて、みなさんは、スキンケアって、若い頃からやっておいた方が、一生美肌でいられるものだとお思いでしょうか?

答えは、イエスなのです。ですが、若い頃にスキンケアをしたからといって、大人になったら、スキンケアを全くやらなくても、ずっと美肌でいられるものではないのです。

若いうちからスキンケアをする必要とは?

人間の肌は、日々、生まれ変わるものです。

肌のターンオーバーという、肌の新陳代謝というものは、年齢を重ねるごとに遅くなっていきます。

日ごろからしっかりスキンケアをしないと、肌は老化し、やがては、目元のこじわやたるみ、または、シミやそばかすなどができてしまい、後になって、取り返しのつかないことになってしまいます。

そのようなことがないように、できれば、中学生くらいのうちから、簡単なスキンケアで構いませんので、きちんと肌のお手入れをしていきたいものですね。

スポンサーリンク

10代といわれる若い頃でも、きちんと紫外線対策をしておかないと、人によっては、シミやそばかすができていたということにもなりかねませんよね。

また、10代の頃に、できてしまったシミやそばかすは、若いからといってすぐに治るというものではありません。

一度できてしまった場合は、時間をかけて改善していくことになります。

参考記事:学校で注目されるくらいの綺麗目の肌になるには?

若いうちは、洗顔と紫外線対策は、最低限必要です!

では、10代の頃のおすすめのスキンケアとは、一体どんなことをすればいいのか、考えていきましょう。

10代でも、もっと若かったとしても、毎朝、起きたら、すぐに洗顔しましょう。

また、若いうちは、肌に皮脂が十分にあると考えられますので、保湿のケアまではしなくても、大丈夫でしょう。

ですが、春や夏などの紫外線の量が多い日は特に、UVケアを行なうようにすると良いでしょう。

厳密に言えば、紫外線というのは、一年中降り注いでいるものですので、できれば、一年中紫外線対策として、紫外線に当たらないように、帽子や、日傘、サングラスなどのUVケアが必要です。

そして、最低限度、春から夏にかけての日差しが当たる紫外線の量が多い日は、紫外線を肌を守るためにも、日焼け止めクリームなどを塗るようにしましょう。

そもそも、若い人が、シミやそばかすができてしまう原因は、遺伝的な要素も考えられますが、日焼けで、肌が紫外線に当たることで、メラノサイトが活発になり、いずれ、メラニン色素がたくさん生成されていくのです。

これは、紫外線から肌を守るための防御反応ですが、メラニン色素が増大してくると、やがて、シミやそばかすとなって肌の表面に現れてくるものなのです。

シミやそばかすは、日焼けをすると、すぐに肌の表面に現れるものではありませんが、日焼けをして、メラニン色素が、肌の奥に潜んでいるころから、シミやそばかすができないためのケアが必要なのです。

スポンサーリンク

日焼けをした後は、直ちに保湿と美白のケアをしていきましょう!

日焼けした後、シミやそばかすが表面に現れないようにケアをするには、紫外線対策の他に、どんなことを考えれば良いのでしょうか。

それは、洗顔後の保湿ケアと、美白のケアなのです。

洗顔後の保湿ケアは、若いうちは必要がないと述べていましたが、日焼けをしてしまった場合などは、肌が乾燥していますので保湿のケアは重要です。

何故なら、日焼けとは、いってみれば、肌のヤケド或いは、肌の炎症のようなものだからなのです。

日焼けをした後は、十分な水分補給が必要です。

肌の乾燥を防ぐためにも、スキンケアなどの外部的なケアと、実際に、水分を体内に摂取することがとても大切です。

その際には、保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が配合された美容液を顔に叩くようにして、ケアをしましょう。

また、日焼けしてしまった肌から、シミをしっかりと予防してくれるビタミンC誘導体や、ハイドロキノンが配合された美白化粧品で、美白ケアを夜の寝る前に行なって下さい。

若いころから、シミやそばかすができない肌にするためにも、日頃から栄養のバランスがとれた食生活に気をつけましょう。

野菜や果物などのビタミンCが豊富な食べ物を積極的に摂りましょう。

そして、眠っている時にしか作られない新しい肌を作り出すためにも、早寝早起きは、美肌つくりに欠かせません。

脂っこい食べ物や糖分や脂肪の多い食べ物ばかりを食べて、夜更かしなどをしてしまいますと、肌だけではなく、健康にも良くありません。

洗顔と、保湿、美白ケアによる外部的なスキンケアと、栄養のバランスのとれた食生活や、睡眠時間を十分にとるという内部的なスキンケアを若いうちからすることで、シミができにくい健康な美肌を保てることは、間違いないでしょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!