『レモン』『キウイ』『グレープフルーツ』朝に食べると、肌を老化させる食べ物があった!

美白・美肌にいいと思って取り入れている食べ物が、実は肌に良くなかった!

そんな時に、実は肌に悪い食べ物を摂取していた……なんてことがわかったら、

あなたはどうしますか?

たとえば「朝食に食べると、肌にシミができやすくなる成分」

含んだ食べ物もあるそうです。 最近はスムージーが流行していたり、

朝食にフルーツをたっぷり食べる方も多いようです。

普段の生活で気を付けていても、

食べ物のせいで肌にシミができてしまっては問題です。

このような現象は、果たして本当にあるのでしょうか?

レモン

スポンサーリンク

『ソラレン』を含む食べ物に注意

ビタミンCをたっぷり含んでいる食材には、

『ソラレン』という物質が含まれていることが多いようです。

この成分をたくさん摂取してしまうと、紫外線に反応して、

肌を黒くするような役割を持っているそうです。

より紫外線を肌に取り込みますから、

シミだけでなくソバカスの原因になることも多いそうです。

そうはいっても、いまさらと思う人もいるかも知れませんね。

すでにできてしまった紫外線によるシミを薄くするには、以下のような美容液を使ってみるといいでしょう。

シミが薄くなる美容液

 

食品として摂取しても起こるトラブル

摂取してから2時間で、このような作用がピークを迎えるそうです。

ちなみに、食べた場合には数時間でこのような作用は見られなくなりますが、

肌の上に食材を乗せたりした場合には、数日間は皮膚の上に

ソラレンが付着しています。 ずっと外にいる日の朝は、

ビタミンCを摂取するのは避けたほうがいいという意見は

ここから来ているのでしょう。

 

■ソラレンを含む食べ物って?

レモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類以外にも、

ソラレンを含む食べ物はたくさんあります。

たとえばキウイ、イチジクといった果物も同様です。

野菜でいうと、キュウリ、セロリ、みつば、にんじんなども注意しましょう。

スポンサーリンク

なんと、そばや野沢菜、からしなどにもソラレンは豊富に含まれています。

どうしても食べたい時には、夜食べればいいそうです。

朝にレモンティーを飲む習慣がある人、

キュウリやキウイ、グレープフルーツなどを食べる習慣のある人は注意しましょう。

 

■このような食品を豊富にとれば、肌に優しい

レモンなど、ビタミンCがたっぷり入っている柑橘類。

これらの食品をあまりに大量に摂取すると、もしかしたら肌が過敏になり、

ちょっと紫外線にさらされただけでも、シミになることがあるそうです。

ですから、太陽の光にさらされても大丈夫なように、

ビタミンエースがたくさん入っている食材を選びましょう。

たとえば、にんじんやかぼちゃ、ほうれんそう、小松菜はβカロテンが豊富です。

ブロッコリーや芽キャベツ、カリフラワー、パセリ などはビタミンCが豊富ですが、

野菜から摂取する分には肌に負担にはなりません。

さらに、ビタミンEをたくさん含んでいる

アーモンドやごま、いわし、ししゃもなども好んで

摂取するといいかもしれません。

参考記事:日本でも流行の兆し!「アーモンドミルク」を始めてアンチエイジング!

ついでに、美容のために食べ物を使ってパックをする手法、

たびたび耳にしますよね。

レモンやキュウリの輪切りを太陽で火照った肌の上に載せて、

パックをしている女性もいるかもしれません。

ですが、このようなパックをした後、皮膚から果汁を洗い流さないまま、

また紫外線を浴びてしまうとシミができてしまいやすいそうです。

こちらも、できれば紫外線の強い時間帯にはやらないほうがいいでしょう。

 
スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!