夏にできたボディのシミは、「米ぬか」で改善できる!

米ぬかシミができるのは、顔だけだと思っていませんか?

そんなことはありません。

肩や背中など、ボディにもシミはできるもの。

しかも、顔よりも目立ちやすい場所にできてしまうこともあります。

ノースリーブや水着のせいで、紫外線のダメージが思わぬところに出てきてしまうのかもしれませんね。

顔のシミ同様、体のシミだって放っておいて言い訳はありません。

虫歯と同じで、シミは改善しようと働きかけなければ何も変わらないのです。

でも、ボディラインのシミ対策はどうしたらいいのでしょうか?

まず、簡単にできるのが専用の美容液を購入してケアすることです。

スポンサーリンク

ボディ用の美容液を購入するだけ。

とっても簡単ですね。

ただし、「そこまでお金をかけていられない!」という方もいるでしょう。

かといって、何もしないわけにはいきません。

そんな時に役立つのが「米ぬか」だそうです。

米ぬかでボディケアをする!

米ぬかは、肌をつるつるにしてくれる効果がありますよね。

洗顔に使っている人もいるんじゃないでしょうか。

ボディケアにも、米ぬかは使えます。

てっとりばやいのは、「米ぬか」そのものを購入すること。

ネットなどでも販売されています。

また、米屋で玄米を購入して精米してもらえば、すぐに手に入りますよね。

ただし、気を付けたいのが「無農薬」のものにすること。

農薬が残ってしまっている米ぬかを肌に塗ったらどうなるか、想像がつきますよね?

できれば、ではなく必ず無農薬の商品を選びましょう。

そして、それをどう使うのか?

スポンサーリンク

お風呂で使用するのです。

米ぬかは美白効果だけでなく、保湿やアンチエイジングに効果があるそうです。

風呂に入れる場合に、浴槽にドバッと入れたりしないでください。

「ぬか袋」というものに入れて使いましょう。いわゆる、だしパックのようなイメージの商品です。

これをお風呂に入れて、お湯の中でモミモミします。

すると、米ぬかの成分がお湯に流れ出して来るのです。

保湿効果もばっちりですし、美白効果も期待できますよ。

ただしお風呂に使用した場合には、その残り湯はもう使えません。

浴槽に入れっぱなしにしたり、洗濯に使用したりはしないほうがいいでしょう。

そして、お風呂以外にもおすすめのケアがあります。

それが、ボディスクラブとして使用するというもの。

手に取った米ぬかに少々のお湯をくわえて、混ぜてから肌にのせてなじませます。

そうすると、肌の老廃物がポロポロとれて、つるっとした肌のできあがりです。

肌の透明度がアップするでしょう。

ただし、スクラブとして使う場合には、毎日やらないこと。

週に1回程度を目安にしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!