ほうれい線を改善するための方法は「表情筋エクササイズ」!諦めないことが肝心だった

ほうれい線

ほうれい線ができてしまうと、やはり「老けたな」という印象を他人に与えます。

顔の中心にできるものですし、普段はないのに疲れがたまってきたり、睡眠不足になるとほうれい線がくっきり目立ってきてしまうという人もいるのではないでしょうか。

もちろん、美容クリニックなどに通えば、ほうれい線を消し去ることも可能です。

ですが「予算的にも、頻繁にほうれい線を消すための施術は受けられない」「抵抗がある」という人もいるでしょう。

たとえ施術を受けたとしても、生活習慣や食事を見直さないままであれば、たびたび施術を受けなければならないでしょう。

実は、ほうれい線対策は日々の中で簡単にできます。

それでは、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

 
スポンサーリンク

ほうれい線を改善するには、表情筋を鍛える

ほうれい線ができてしまう大きな原因は「表情筋の老化」と言われています。

もちろん、皮膚の中に含まれているコラーゲンが減少しているから、という理由もありますが、表情筋が老化してしまうと、みるみるうちにほうれい線が深くなっていってしまうのだそうです。

というのも、年齢を重ねると、表情が硬くなったり、めったなことでは表情が変わらなくなります。ですから、頬の筋肉が弱まってしまい、結果としてほうれい線が出てきてしまうのだそうです。
ですから、表情筋を鍛えるための顔の筋肉のトレーニングをするのがベストです。

 

ほうれい線を鍛えるための方法とは

ほうれい線を改善するためには、まず笑顔を心がけましょう。

無表情よりは、笑顔でニコニコしていたほうがいいのです。

また、やわらかいものばかりを食べずに、あごを使うような料理を摂りましょう。

あごを使うことで、筋肉も鍛えられます。

さらに、おしゃべりもしないよりはしたほうがいいそう。

口を動かすことで、顔の筋肉も動きます。

カラオケなどもいいそうです。

そしてただ漫然と動かすよりは、意識して動かしたほうがいいでしょう。

笑顔になっているつもりでも、見た目にはあまり変わりがないパターンもあります。

鏡などを見て、思いっきりニコニコしてみると、笑顔も作りやすくなるでしょう。

ほうれい線の改善にもいいですが、コミュニケーションを円滑にするのにもよさそうです。

ほうれい線ができてしまった、深くシワのような状態になってしまったからといって、諦めてはいけません。

諦めないで表情エクササイズをすることが、美しい肌を取り戻すためのきっかけになるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!