夏はエアコンの冷風直撃に注意!目元を乾燥から守るための方法とは

エアコン冬は乾燥しやすいですから、目元のシワやくすみが気になる季節でもあります。

では夏ならば、そんなに気にせずに過ごせるのか?

残念ながら、答えはノーです。

夏になると、どこにいっても「冷房」がかかっています。

自宅は使わなければいいだけの話ではありますが、さすがにまったく使わないでいる…というのはキツそうです。

職場で、移動中の電車やバスで、レストランやカフェで…! 冷房の風があなたの肌を乾燥させているかもしれません。

スポンサーリンク

乾燥しやすい体質の人は、特に冷房の風に気をつけるべし!

エアコンの風が直撃する場所にいるのは、時にはとても気持ちがいいもの。

ですが、ずっとそこにいると体が冷えてしまいますし、肌も乾燥していくのです。

そうなると、目元がかゆくなってしまう人もいそうです。

しかしここでボリボリかいてしまうと、肌に悪いのです!

こすりすぎると色素沈着で目元のカラートーンが暗めになってしまったり、くすみやシワの原因になりかねません。

夏を境に、一気に老け込んでしまうかもしれないのです。

目元のケアに効くのは「アイクリーム」「まばたき」

目でこすりたくなるほどのかゆみを感じたら、アイクリームで保湿を始めましょう。

夏だからといって保湿ケアを怠っていてはいけません。

スポンサーリンク

むしろ、オールシーズン手抜きはしないこと!

化粧水や乳液だけではケアしきれませんから、アイクリームを使ってみましょう。

メイクを直す時にちょこちょこ塗るだけでも、かなり肌の調子が変わってきます。

目元の皮膚が乾燥しやすい、小じわができそうで気になっている…という人は、絶対に始めるべき!

また、パソコン作業が多い仕事をしている人は、目元の筋肉が凝ってしまいがちです。

じっと画面を見つめているうちに、まばたきの回数が少なくなってしまっていることも…!

これでは目元の筋肉がたるんできてしまうかもしれません。

しかも、眼球の潤いが奪われてしまい、余計に目がかゆくなってしまいがちです。

ドライアイになりがちな人は、意識して目をパチパチさせるようにしてましょう。目元の筋肉を鍛えるエクササイズを導入するのも効果大です。

もしくは、パソコン用のメガネを購入しても良さそうです。

また、目薬を購入して対策をするのもいいとされています。

 

とにかく、目元をこするような習慣は絶対に避けましょう。

目をグリグリこすると疲れが取れるような気がしますが、肌には逆効果です。

若い印象をキープするためにも、疲れ目対策・乾燥対策は忘れずにしておきましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!