シミにもいろんな種類がある!美白化粧品が効かないと思ったら、自分のシミのタイプを見極めよう

シミのタイプ太陽の眩しい季節になると、気になってくるのがシミ。

でもあなたの顔の上にあるシミは、本当にシミですか?

というのも、ホクロやイボ、ソバカスをシミだと思ってしまっているケースがあるからです。

自分のシミがどんなものなのかを、しっかり把握してみましょう。そうすることで効果的なケアがわかってきます。

 

老人性色素斑

紫外線の影響でできてしまう、いわゆる「シミ」です。

頬骨のあたりにできやすく、当初は薄い茶色ですが、進行するにつれて濃くなり目立ってきます。

スポンサーリンク

放っておくと、盛り上がってしまうこともあります。

ごく初期のものには美白化粧品が効果を示すこともあるそうです。

ただし、定着したものには効果はありません。

脂漏性角化症

シミがイボ状に盛り上がったものです。ボツボツと肌から隆起して見えるのが特徴です。

これはレーザー治療や冷血療法が効果的とされています。

雀卵斑

これは、ソバカスと呼ばれているものです。

ただし、ソバカスは遺伝的なもののみを指します。

遺伝でできるソバカスは、ティーンの頃から肌に出始め、鼻を中心に広がっています。

日本人でも、色が白い人は出やすいとされています。

レーザー治療でも消せますが、再発することもあるそうです。

スポンサーリンク

炎症性色素沈着

ニキビ跡や虫刺されの跡がシミになって残っているものです。

ムダ毛の処理跡が黒くなってしまうのも、これの一種です。

この症状には、美白化粧水でのケアやピーリングなどが効果的。

ただし、治療中に紫外線を浴びると定着するかも。

肝斑

女性ホルモンのバランスが崩れると出やすいとされているものです。

シミというよりは、クマのように頬骨のあたりが茶色からグレーっぽくなります。

鼻の下や額に症状が出ることもあるとされています。

更年期の方、妊娠中の方、ピルを服用中の方に出やすい症状です。

美白化粧品とピーリング、もしくは内服薬を併用するとより効果が高まります。

花弁状色素斑

急激に日焼けをした後、肩から背中にかけてできるという、小さなシミを指します。

よく目を凝らしてみると、花びらのような形をしています。

レーザー治療をするのが効果的でしょう。

 

以上のように、美白化粧品ではケアできない「シミ」もあるのです。

化粧品で必死にケアをしているのに全然良くならないという人は、まずは自分の肌質やその状態を見直してみましょう。

そして日焼け止めはきちんと塗る、オールシーズン美白化粧品を使う、日焼けをしたと感じたらアフターケアをすることも忘れずに!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!