老けて見える「おでこのしわ」を、改善する方法はあるの?

普段髪の毛をおろしている人は気付きにくい、おでこのしわ。

このおでこのしわは、とても厄介なもの。

目立つようになってくると、とても老けて見えるからです。

どうにかして伸ばそうとしても、ほうれい線のようにケアできる方法ってあるの?と、困ってしまっている人も多いのではないでしょうか?

でも、おでこのしわを改善する方法もあるようですよ。

今回は、その改善法についてご紹介しておきましょう。

おでこ

スポンサーリンク

おでこのしわは、どうしてできるのか?

やはり、おでこにしわを寄せる癖がある人は要注意です。

眉毛をつい吊り上げてしまう人、目を見開く癖がある人なども気を付けたいですね。

威厳のあるような表情をしようとしたり、ついイライラすると眉間にしわを寄せてしまう人も同じです。

 

また、日焼け止めを塗らないままおでこを出し、紫外線を浴びてしまうのも危険だそうです。

 

そして、ストレスのある生活もダメだとされています。

疲れたまま眠ると、睡眠中にしかめっつらになってしまうことも。

寝る時にはリラックスして眠りたいものです。

小じわにはこの商品がいいみたい

おでこのしわの予防策

まずは、乾燥しないように肌の保湿をキープすることが大事です。

洗顔してから、化粧水パックをすることも大事です。

おでこに化粧水を染み込ませたパックを貼りつけて、5分から10分程度放置しましょう。

頬や口元、目元はケアしていても、おでこって意外と忘れがちですよね。

 
スポンサーリンク

また、髪の毛を洗う時にも注意しましょう。

実は、頭皮ケアはおでこのしわの改善を願っている時に欠かせないもの。

頭皮が凝り固まっていると、やはりおでこに負担がかかります。

そのせいでおでこにしわができてしまうことも、ないとは言えません。

髪の毛を洗う時には、両手の指の腹をつかって、下から上に揉み上げましょう。

この時に、同じところだけを揉むのではなく、ジグザグとやるのがいいそうです。

ゴシゴシ洗うというより、丹念に揉むイメージでやりましょう。

実際に頭皮が動くくらい、しっかりマッサージできたらいいそうですよ。

また、お風呂以外でも頭皮をマッサージしておくことも大事です。

参考記事:顔のたるみを防ぐには、まず「頭皮ケア」をしよう!

 

顔の皮膚を動かすようなトレーニングも、同時にしてみましょう!

表情筋を動かすようなトレーニングがベストです。

同時にほうれい線や、頬や目元の筋肉も鍛えたいですね。

簡単にできるエクササイズは、

・目をできるだけ大きく見開いて、少しの間止まる。

・眉毛も、できるだけ上に押し上げる。

・そして、普通の表情に戻す。

これだけで、顔の筋肉が鍛えられます。

うまくできないという人は、人差し指を眉に当ててみて。

眉毛をぐっと人差し指で上に押し上げるように、顔を動かしてみましょう。

指で触りながら、どこの筋肉が動いているかを意識してみましょう。

 

おでこのしわも、早くケアすれば改善できるはず。

さあ、今日からトレーニングしてみましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!