『卵子の老化』を防ぐための、効果的な4つの方法

いつまでも若々しい外見でいたいと願う女性は、たくさんいます。

その一方で、ある老化を防ぎたいと思っている女性もいることでしょう。

それが、『卵子の老化』です。 卵子が老化してしまうと、妊娠しにくくなります。

自然の摂理ではありますが、妊娠を望んでいる女性にとっては死活問題でしょう。

特に、今は年齢を重ねてから結婚をされる方が増えてきていますから、

どの女性も真剣に考えている問題かと思います。

では、どうしたら卵子の老化を防ぐことができるのでしょうか?

卵子

スポンサーリンク

■太りすぎない!痩せすぎない!

太りすぎると、排卵がうまくいかなくなってしまうこともあるそうです。

ですから、急に肥満体型になったりしては、妊娠しにくくなってしまうそうです。

また、病気によっては、妊娠しにくい体質になる以外に、

症状として太りやすくなるというものもあるよう。

体調が悪いならば、まずは一刻も早く病院に行きましょう。

また、やせすぎも同様です。 スタイルを維持したいからといって、

無理なダイエットをしてしまうと月経不順になってしまうこともあるようです。

急に太ったり痩せたりすると、妊娠しにくくなります。

 

■タバコをやめる

タバコを吸うと、卵子が老化する可能性があります。

これは、あなただけの問題ではありません。

彼氏や旦那さんが喫煙をしていると、同じようなことになります。

喫煙は、なんと精子の活動も鈍くするそう。

子供ができにくいと思ったら、禁煙したほうがいいですね。

将来すぐに子供が欲しいという女性も、右に同じと言えるでしょう。

 
スポンサーリンク

■野菜をたくさん食べるようにする

「紫外線にたくさん当たる、日焼けする」

「タバコを吸う」

「たくさんお酒を飲む」

「ストレスの溜まる生活をする」

と、活性酸素が大量に発生します。

もしも体内にこの活性酸素が生まれてくると、

卵巣の働きが悪くなってきてしまうそうです。

それだけではありません。

肌質が悪くなったり、ガンになる確率がアップしたりするようです。

そうならないためにも、抗酸化作用に優れた食品をたくさん食べましょう。

野菜はもちろんのこと、大豆に代表されるマメや玄米、

アボガド、オリーブオイルなどがいいそうです。

 

■ピルをうまく使用する

ピルは避妊ができるうえに、内服をすることで排卵を抑えられるため、

卵巣ガンや子宮内膜症のリスクを減らすことができるそうですね。

低用量ピルを処方してもらえば安心です。

とはいえ、副作用のことをきちんと確認してから飲むようにしましょう。

決して、友人から分けてもらって飲むなんてことはしないように!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!