「間違った洗顔」「喫煙」「肌に合わない化粧品」 肌を老化させる習慣を知っておこう!

肌の老化の原因って、いったいどのようなものがあるのでしょうか?

肌に優しくないものを知って、それを遠ざけていくことで、

もしかしたらより若い肌を手に入れることができるかもしれません!

タバコ

スポンサーリンク

紫外線は、もちろん肌によくありません!

肌に紫外線を浴びすぎてしまうと、

「活性酸素」が増加してしまうといいます。

そうなりますと肌の酸化が進み、シミやシワ、

肌のくすみ・たるみの原因になってしまうというわけです。

紫外線はもちろんのこと、喫煙も肌によくないとされています。

これ以外にも、電磁波や医薬品が肌の老化の原因になるという話もあります。

 

タバコは肌には絶対によくないとされています!

もしもタバコを吸っている方で美肌を維持したいという方は、

できるだけ早くタバコをやめて、禁煙したほうがいいかと思います。

これは1日1本ならばいいというものではありません。

少しでも吸うと、血管が収縮して、血液の流れが悪くなります。

そうなると、肌に酸素や栄養が行き届かなくなるそうです。

シミやシワだけでなく、歯が汚く見えてしまうのもいけませんね。

参考記事:アンチエイジングに興味があるべき女性は、絶対にするべき「禁煙」

肌への直接的な刺激もダメ!

洗顔の時などに、肌をゴシゴシこすってしまうことってありますよね。

こういうことを繰り返しているのも、実は肌の老化を招いています。

角質が剥がれ落ちてしまうことで、肌が分厚くなっていきます。

そしてそれが、あなたの肌をくすませたり、

たるませたりする原因になるのです。

肌のお手入れをする時には、できるだけ優しくケアしていきましょう。

これ以外にも、「必要以上に肌を何度もたたく」「ブラシでこする」

「何度も洗顔をする」 という行為もやめておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

さらに、 詰まった毛穴のケアをするのに、お湯と冷水で交互に

洗顔をするという方法をあえて選んでいる人もいるようですが、

これもやりすぎると肌に悪いそうです。

また、毛穴に詰まった角栓、ニキビなどを爪で潰したり、

絞り出したりする行為も肌に良くないとのこと。

こういう習慣は、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

肌に合わない化粧品を使用するのもやめましょう!

肌に合わない化粧品を使うと、肌を老化させてしまいます。

負担がかかると、肌に過酸化脂質という物質が増加してしまうそうです。

これは、活性酸素が脂質に反応してできてしまうものだそう。

これが肌のなかに増えてしまうと、肌がたるんだりシワができたりします。

また、動脈硬化などの症状を引き起こしかねません。

アルコールの成分が強い化粧水は、肌に合わないことがあります。

さらに、いろいろな化粧品を顔に重ねて塗ると、

顔の皮膚により多くの負担がかかるともされています。

 

食品で摂取した脂質が酸化しても肌にはよくないそうですから、

こってりした脂っこい食べ物が好きな人は、要注意です。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!