アンチエイジングに効果絶大! 抑えておきたい、美容医療の基礎単語

美容医療自分自身のケアがなかなか成功しないのならば、美容医療で若返るという考え方もあります。

医療機関で受けられるものから、美容サロンでも施術してもらえるものまでありますが、アンチエイジングに敏感でありたいのならば、その用語を理解しておくべきでしょう。

レーザー治療

シミを消す時に使う治療法です。

特殊な機械で生み出した光を、患部に当ててシミを消します。

シミ以外にも、アザやホクロを消した経験がある人もいるかもしれません。

多少痛みがありますが、我慢できない程度ではないそうです。

ただし、大きなアザを消すような場合には、やや強い痛みを伴うこともあるそうです。

だいたい、レーザー治療はシミひとつにつき5000円ぐらいかかります。

ただし、進行によっては何度もレーザーを当てることとなり、そのたびに費用が発生するそうです。

スポンサーリンク

フォトフェイシャル

レーザー治療よりも、ややソフトな光線を当ててシミを消します。

こちらはシワ、顔の赤みなどに効果があるそうです。

ただ、ソフトなだけあって、レーザーよりは効果はやや薄め。

5~6回の施術で10万円から30万円かかる、という話もあります。

しかし、何週間かおきに施術することになりますから、時間がかかることは覚えておきましょう。

ケミカルピーリング

こちらも有名な施術法です。

肌にある種の酸を塗って、皮膚の角質を剥がします。

そこで、新しい皮膚の再生を促すのです。

これはシワやたるみなどに効果大です。

また、ニキビ治療などに使われることもあるそうです。

セルフでもピーリングはできますが、もちろん自分でやるよりは施術を受けたほうが効果はあります。

ただし、施術後に肌がピリピリするなどの効果が出やすいでしょう。

このケミカルピーリングは、医療機関によって値段が異なります。

5千円程度で済むところもあれば、数万円かかるところもあります。

ただし、安さに飛びつかず、ちゃんとした機関を吟味して選びましょう。

ちゃんとした効果を出したいのならば、何度も通う必要が出てくると思います。

ヒアルロン酸やコラーゲン注入

シワの改善に役立つ施術です。

シワに沿って、ヒアルロン酸やコラーゲンを肌に注入することで、肌の上のシワが軽減します。

目元のシワやほうれい線の改善に向いていると言われています。

こちらも数万円かかるという話です。

注入には時間はかかりません。

一度注入すると、その効果はかなり持続すると言われており、半年程度はそのままの状態が続きます。

ですが、半年経過すると、肌が元の状態に戻ってしまうことも…半永久的に効果が持続するわけではありませんから、その点はよく理解しておきましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!