老化したくないのならば、知っておくべき!正しい洗顔料の選び方

洗顔料あなたは日々の洗顔をどうしていますか?

洗顔料を使ってゴシゴシ顔を洗って、タオルで拭いて終わり…これでは、肌を傷付けているかもしれません。

正しい洗顔をすることは、とても大切です。

それでは、正しい洗顔方法や洗顔料の選び方についてご紹介しましょう。

顔の汚れの正体

顔を汚しているものの正体は、ひとつではありません。

ほこり、タバコの煙、排気ガスに加えて汗や皮脂、古い角質、化粧品なども肌を汚しているのです。

スポンサーリンク

これを放っておくと、雑菌が増殖したり皮脂が酸化して過酸化脂質になってしまったりと、事態は面倒なことに!

こういった汚れは洗顔料だけでは落ちません。

メイクをしている場合には、メイク落としのクレンジングが必要になります。

顔の汚れは洗顔料で落とせますが、メイクは落とせません。

朝は顔がキレイだから洗う必要は特にないような気がする…という意見もあるようですが、朝は寝ている間に分泌された皮脂や汗が顔にへばりついています。

これを洗い流さなければ、顔はキレイになりません。

洗顔料の選び方

最近では、いろいろな洗顔料が発売されています。

保湿成分に優れたもの、美白成分が入っているもの…ですが、こういった成分は顔をすすいでいる時に流れて行ってしまいますから、できれば「汚れを落とせるかどうか」に注目して商品を
選ぶべきでしょう。

もっともいいのは、固形石鹸と言われています。

それぞれの洗顔料の特徴についてまとめてみました。

・固形石鹸

シンプルな固形石鹸は、汚れを落とすことを目的とされており、余分な油をあまり含んでいないとされています。

入浴用の石鹸は洗う力が強いので、洗顔に向かないこともあります。

スポンサーリンク

・洗顔フォーム

負担が強いもの、弱いもの、いろいろあります。

洗った後に肌を守る目的で、皮膚に油膜が残る商品もありますが、こういったものは洗顔の後の化粧水や美容液の浸透を妨げることもあります。

・泡のタイプの洗顔料

プッシュ式で泡が出るタイプの洗顔料は、便利な反面、肌に負担をかけることがある界面活性剤が入っている者もあります。

敏感肌の女性は選ばないほうが無難かも?

・泡立たないタイプの洗顔料

こういったタイプの洗顔料は、しっとりとしたタイプで洗浄力は低め。

肌が弱い人にしか勧められない、という意見もあります。

ちなみに、

・肌をゴシゴシ強くこすって汚れを落とそうとする

・長時間、顔を洗い続ける

・仕上げに冷水をかけたり氷を肌の上にのせたりして、毛穴を引き締めようとする

といった行為は、逆効果になることのほうが多いよう。

洗顔する際には気をつけましょう。

お肌のことを考えたら、固形石鹸を泡立ててふんわりとした泡を作り、顔を洗うのが一番いいようです。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!