見た目年齢が若い人、そうでない人…その差はどこにあるの? 大事なポイントを押さえておこう

見た目年齢が若い人は、老けてみる人と何が違うのでしょうか?

美人だから若く見えるのでは?と考える人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

老けて見られない人の秘密

 

若く見える人と、そうでない人を見分けるポイント

・肌の状態

シミ、シワ、たるみ

・髪の毛の状態

白髪

スポンサーリンク

・雰囲気

姿勢、表情、しぐさ

・その他の条件

健康かどうか、体力の有無、考え方、ライフスタイルなど

これらの条件で、若く見えるポイントを押さえていればいるほど、実年齢より下に見られる可能性が出てくるということなのです。

自分の年齢のとり方を考え直してみてはどうでしょうか?

 

老けて見える悪習慣を、即やめること

若く見える人は、老けて見られる習慣とは無縁です。

たとえば、「甘いものを毎日、大量に摂取する」「夜更かしをする」「タバコを吸う」「外食や冷凍食品、買ってきた弁当などで食事を済ませる」といったものが、老けて見える習慣です。

若い頃は、これでもいいかもしれません。

ですが、年齢を重ねれば重ねるほど、体には負担がかかるということを知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

そもそも、老化には種類があった

老化とは、いったいどんな現象を指すのでしょうか?

肌がたるんだりシワができたり、白髪が出たり。

ただ、これだけが老化ではありません。

そもそも、老化現象には2種類あります。

ホルモンの分泌が減ることで、体が小さくなったり、縮んだりする現象。

そして、体の中に活性酸素が発生して、必要以上に肌が荒れたり、体調不良になったりする現象もまた、老化現象と呼ばれているのです。

アンチエイジング化粧品はこれが人気みたい

 

若く見られるためには、内面の美しさ、若さも必要

外見だけを磨けば若く見えるというものでもありません。

若さを保つためには、「ホルモン」の働きが重要です。

ホルモンの分泌が正常に行われることによって、健康に生きることができるのだそうです。

ホルモンは、年齢を重ねるにつれて減少していくとされています。

つまり、その現象をくいとめて、より安定したホルモン量を分泌し続ければ、私たちはより若く見られることができるのだそうです。

常に若さを保つのに大切なのは、刺激を求める心。チャレンジを失わない心。

そして、感動できる心の余裕や柔軟さをもつことです。

それにプラスして、食生活や運動量を見直してみましょう。

何をするにも、新鮮味がない生活をしていては、やはり老け込んでしまいます。

新しい趣味に挑戦したり、レジャーを楽しんだり、日々の生活だけでも楽しく笑顔を絶やさずにいることが、若さを保つ要因のひとつになりうるのでしょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!