若返りに逆効果。こんな髪の毛のお手入れをしていては、老化してしまう!

ヘアケア髪の毛の老化は、あなたが思っている以上にダメージが大きいもの。

髪の毛がパサパサしている、歪んだウェーブで変なクセがついて見える、白髪がヒドイ…これらの髪の毛は、「おばさんみたい」という印象を他の人に与えがちなもの。

普段からヘアケアには気をつけているわよ!という方もいるでしょうが、もしかしたらそのケアが間違っていたら…?

そんな「間違いがちなヘアケア法」について、今回はまとめてみました。

 

シャンプーの選び方にも注意が必要

シャンプーにも、シリコン入りのものと、ノンシリコンのものが販売されています。

シリコンシャンプーは「髪がつややかになる」「なめらかで指通りがよくなる」という謳い文句が有名ですが、髪質に合わなかった場合や、シリコンが入りすぎたシャンプーは髪の毛のべたつきの原因になるかも。

スポンサーリンク

また、頭皮がかゆくなるという事態にもなりかねません。

しかし、ノンシリコンシャンプーの場合には、洗浄力が強すぎて、髪の毛が「ギシギシ」したり、頭皮につっぱったような感触が残ったりすることもあるかも…。

頭皮がつっぱる、髪の毛がきしむシャンプーは、明らかにあなたに合っていません。

早急にシャンプーを変えましょう。

頭皮が弱い人は、とにかく低刺激のものを購入するのがオススメ。

多少値が張っても、そういう商品を選んだほうがベターです。

そして、頭皮の洗いすぎも肌トラブルの原因になりがちです。

どうしても頭が洗いたくても、ぬるめのお湯ですすぐだけにする…などとすると効果的です。

 

トリートメントを地肌に塗る

シャンプーで頭皮を洗うのはいいでしょうが、トリートメントをつけて頭皮をごしごし洗ったり、こすったりしないほうがいいそうです。

というのも、トリートメントはあくまで「髪の毛」に効くもの。

地肌に塗っても、効果はほぼないそうです。

それどころか、トリートメントによっては、毛穴を塞いでしまうかも…!?

トリートメントは髪の毛全体に伸ばし、さらに「毛先」に集中的に塗ってケアしましょう。

 

ドライヤーの使い方を見直そう

一番ダメなのは、「ドライヤーを使用せずに、自然乾燥をする」こと。

髪の毛がどんどんと傷む原因になります。

必ず、ドライヤーは使いましょう。

扇風機などを使用しても、地肌までは乾きません。

生ぐさい匂いがついてしまったり、乾燥しないままで肌トラブルの原因になってしまったりするかもしれないので、忘れずに地肌まで乾かしましょう。

そして、「イオンドライヤー」を盲信してはいけません。

静電気やぱさつきを防ぐ効果はありますが、髪の毛にプラスで効果をもたらすことはないとも言われています。

「イオンドライヤーならば、念入りに髪の毛を手入れしてもぱさつきにくい」というのは間違い。

乾かしすぎると、やはり髪の毛にはダメージが残ります。

熱風の当てすぎにも注意!

いつまでも美しい髪の毛をキープするためにも、正しいケア方法を身につけましょう。

スポンサーリンク

 

髪の老化を防止する!家でもできる頭皮マッサージを知っておこう

頭皮マッサージ髪の毛がボサボサだと、途端に老けて見られる。

反対に、髪の毛がツヤツヤにまとまっている女性は、若く見られやすい。

このことは、今までに何度も紹介してきていることです。

ですが、頭皮のケアってなかなか難しいもの。

「これでいいのかな?」と思いながら、手探りでケアをしている女性も多いのでは?

そんな女性にまず取り組んでもらいたいのは、「頭皮マッサージ」です。

頭皮のたるみを防止して肌をひきしめると、肌のリフトアップ効果も狙えるでしょう。

つまり、顔のシワやたるみを防止することもできるのです。

 

ヘッドスパの嬉しい効果

まず、ヘッドスパの効果についておさらいしておきましょう。

ヘッドスパを行うことによって、頭皮の毛穴に詰まった汚れを除去することができます。

そうすることで頭皮の「加齢臭」やフケを改善することができるそうです。

また、白髪で悩んでいる女性、髪の毛が細くなって困っている女性も、頭皮の血行をよくすることで改善が見込めるかもしれません。

もちろん、アンチエイジング効果も大。

頭皮がカチカチになっている人は、ヘッドスパをすることで自然と頭皮が柔らかくなります。

そうすることで、顔全体の皮膚がリフトアップしていくことでしょう。

体全体のデトックス効果すら期待できるそうです。

以上の効果が見込めますが、肩凝りの改善やリフレッシュ効果も見込めます。

普段からデスクワークやパソコンを使う仕事をしている人、肩が凝りやすい人はやってみて損はありません!

 

頭皮マッサージを始めよう!

こういったケアはプロにお任せすることもできますが、デイリーケアも忘れたくないところ。

まずは、頭皮をマッサージすることから始めましょう。

最初に、ブラッシングをします。

髪の毛の汚れを落として、マッサージしやすい状態にするのです。

そして、オイルトリートメントを髪の毛に少しずつ広げていきます。

いきなりドバッとかけてしまうと、髪の毛がねとねとしてしまうかもしれませんので、少しずつ染み込ませましょう。

最初に、おでこから揉んでいきます。

おでこからつむじをかきわけるように、指の腹部分を使って揉んでいきましょう。

続けて耳の後ろから頭頂部へ、襟足から頭頂部へと何度もマッサージをしていきます。

頭頂部は脂が出やすい部位であり、耳の後ろは汚れがたまりやすく、臭いやすいそう。

入念に揉みしだきましょう。

洗い流さないタイプならここで終わりです。

洗い流すオイルの場合には、ここでお湯を使って頭をゆすぎます。

しっかりとオイルは流し、シャンプーしましょう。

なお、ここで頭をひっかいてしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!