間違った美容ルールは正そう。アンチエイジング・美肌ケアの正しい常識

美容の常識多くの女性が、常識だと思っているアンチエイジングのルール。

でも、もしかしたらそれは間違った知識かもしれません。

常識だと信じていた美容ルールが、勘違いだったら大変なことになります。

それでは、どんな美容ルールが誤りなのでしょうか?

若いうちからアンチエイジングの化粧品を使うと、肌にイイ…これは間違いだった!

まだシミやシワができる前から、アンチエイジングの化粧品を利用している女性がいます。

「今からケアをしておかないと」という考えのようですが、これは大変な間違いです。

スポンサーリンク

アンチエイジング専用の化粧品には、油溶性の美容成分普通のものよりたくさん配合されています。

このような油分は、若い肌には不要な者。

むしろ、肌を荒れさせる原因となります。

アンチエイジング化粧品を使うことで、逆にアンチエイジングを招いてしまうのです。

 

敏感肌の女性は、あれこれつけないほうがいい…これも間違いだった!

敏感肌の女性は、肌に負担をかけないためにシンプルなケアをしたほうがいいというような風潮がありますが、これは間違いだそう。

化粧水以外にも、クリームや美容液などが必要になります。

美しいもちもちの肌を保ちたいのならば、化粧水だけのケアはNGだそう!

 

美容液は、コレというものに絞って使う…これも間違い!

美容液は、効果的なものをいくつも併用したほうがいいとされています。

化粧水とは別に、美容液も所有しておきましょう。

ただし、いろんなものを一気に掌にのせて混ぜ込むよりは、重ねるように塗っていくほうが効果があるそうです。

スポンサーリンク

 

シートマスクは、つける時間が長いほど潤う…これも当然間違い!

シートマスクは、肌にのせていればいるほど潤いが浸透すると思われがち。

ですが、逆に肌を乾燥させている可能性があります。

シートマスクの水分が蒸発していくと、肌の水分も一緒にもっていかれます。

もったいなく感じるかもしれませんが、化粧水を染み込ませたシートでも使い終わったら処分をしてしまいましょう。

気になるパーツには、クリームをよりたくさん塗るといい…これも間違いだった!

肌が荒れたり乾燥したりしているパーツには、クリームなどをたくさん塗りがち。

塗れば塗るほどいい!なんて思っている方もいるかもしれませんが、これもまた間違いだそう。

参考記事:肌の調子が改善しない人は、もしかしたらスキンケアをしすぎの「肌肥満」?

必要以上に塗りすぎてしまうと、肌が負担を感じて荒れてしまいます。

肌だって、人と同じように栄養を過剰摂取はできません。

適量を守り、毎日ちゃんと塗るようにしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!