若く見られるための習慣、み~つけた!その7つの秘訣とは

若さの習慣ほんのちょっとでも、若く見られたい!

そう願う女性がほとんどです。

ですが、年齢より上に見られがちな女性が若く見えるようにチェンジするには、かなりの時間と工夫が必要になります。

それでも、ほんの少しでいいから若返りたい!そんな人のために、すぐできる若返り法を調べてみました。

若く見えるためのコツとは

若く見える女性には、いくつかの共通点があります。

①肌が美しい、キメが細かく潤っている

肌がきれいな女性は若く見えます。

逆に、カサカサしている・シミやシワがある・くすんでいて顔色が悪く見える女性は、老けて見えるかも。

②姿勢がいい

猫背の女性は、自然と年をとっている人に見られます。

背筋をしゃんと伸ばした女性は、男性からも同性からも「素敵だな」と思われます。

スポンサーリンク

③太っていない

ほんの少しぽっちゃりしているくらいならば、健康的に見える人も多数。

ですが、中年太りといわんばかりにぽちゃぽちゃしている、下っ腹が出ている、背中の肉が盛り上がっているのが洋服の上からわかる…なんて人もいるみたいですね。

これでは老けて見えてしまっても仕方がありません

④知的である

いろんなことに詳しい、情報を持っている女性はいつも活き活きして見えます。

好奇心旺盛な人が老け込まないというのは常識に近いですよね。

ただし、「ゴシップに詳しい」「噂話大好き」というのは知性とは関係ありません。

⑤いい匂いがする

いい香りの女性は、若く見えるというデータがあるそうです。

たしかに、加齢臭とまではいかなくとも、いかにもオバサン!という匂いがする女性は老けて見えるでしょう。

⑥首と手が美しい

パーツ美人は若く見られますが、首と手が美しい人は特に若く見えるそうです。

顔ばかりではなく、首や手のケアをきちんとしたいですよね。

手がガサガサしている、シワッとしていて血行が悪い…こういう手では、加齢を感じさせてしまいますよね。

首も同様です。

参考記事:『首』と『手』のケアをして、アンチエイジングする!

⑦ポジティブシンキングである

明るくて楽しい印象の人、笑顔を忘れない人は若く見られます。

暗い顔をしていると、たしかに年齢より上に見られてしまいそう!

意識して笑顔を見せましょう!

 

特に、若く見せたい人に欠かせないのは「輝かんばかりの表情の豊かさ」だそう。

無表情の人、いつも落ち込んだ顔や難しい顔をしている人は、笑顔を出すための顔の筋肉がさびついてきそう。

キラキラした表情をいつまでも忘れないことが、若さを失わない秘訣なのかもしれませんね。

まずは笑顔から始めてみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!