老けて見えるメイク方法から、卒業しよう!

メイク方法老け顔に見えてしまう悩みを持つ女性は、スキンケアを丹念にされているイメージがあります。

でも、それでも老けて見られちゃう。それってなんで?そのように落ち込んでいる人は、まずはメイク法を見直してみてはどうでしょうか?

もしかしたら、あなたがやっているのは「老けメイク」かも!

老けて見られるメイクは、即刻やめましょう!

スポンサーリンク

アイシャドーのカラーを、濃くしすぎないこと

アイシャドーを黒や濃い茶色にすると、目が大きく見えるような気がします。

ですが、目元がくすんだ印象も同時に与えてしまいがちです。

また、目の下がたるんで見えたり、クマがあるような印象すら与えてしまうかも。

老けて見られることもあるかもしれませんから、少し明るめのブラウンに選んでみるなど、あまり暗すぎない色を選ぶことも大事です。

どうしても濃いカラーが使いたいという場合には、グラデーションで使うようにしましょう。

目のキワ部分に濃い目のカラーを入れて、アイホールには明るめのカラーを入れると顔が華やかに見えます。

その時に、ツヤのある色やパール感のある色を選ぶと、キラキラしながらも優しい感じの目元になると思います。

参考記事:「毛抜きで眉毛を抜く」「濃いアイメイク」は、まぶたがたるむ原因となる

 

眉尻が長すぎ? 自分に似合う眉にする

眉を長く描く人がいますが、これもけっこう老けて見られるもの。

あまりに長い眉は、大人びた印象に見られます。

むしろ、老けて見られる可能性も……!

眉は、アゴの先と目尻をラインでつないだ、その延長線上に描くといいそうですよ!

 
スポンサーリンク

チークの位置を正しく入れよう

チークは血色がよく見えるから絶対に入れたほうがいいはず。

でも、なかにはかなり低い位置に入れて失敗している人もいるそうです。

顔の下半分に入れるのは、NGです。

できれば、頬骨のあたり、ちょい下に入れるくらいのほうがいいみたい。

また、目の下にまでチークのラインを長く入れてしまうと、少しおばさんっぽいかも!?

ただし、顔が面長の女性の場合には、チークを高く入れすぎると、顔が長く見えてしまうかも。

チーク自体の形も、シャープに入れるよりは丸みをつけていれましょう。

 

口紅の色が「ベージュ」なのは、血行が悪く見えるかも?

ベージュの口紅が似合う女性もたくさんいます。

ですが、似合いすぎてなんだか、唇に色が通っていないみたい、老けて見える……という場合もありますので、できれば発色のいいものを選びたいですね。

もちろん、ラメが入っているもの、明るすぎるものは避け、少しだけツヤがあるようなリップを選ぶのがコツです。

 

どうしても上手に商品が選べない!という場合には、恥ずかしがらずに店員さんに聞いてみましょう。

必要ないものまで買っちゃいそうで怖いという人は、先に予算を申告しておきましょう。

その予算の中で買える化粧品を教えてくれるはずです。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!