女子にありがちな肌に悪い習慣をチェックして、若々しい肌をキープ!

肌がくすむ、女子力が低下する……そんな美容法は絶対にやめよう!

いつもつい忙しくて、ついついやってしまいがちな

美容に悪い習慣ってありますよね。

もしくは、あなたが意識していないけれど、

実は肌には悪い習慣があるということに気が付きましょう!

それでは、女性がやめるべき悪習慣とは

どんなものがあるのでしょうか。

そのような習慣を知り、知らず知らずのうちに

肌にダメージを与えていた……なんて事態を

避けるようにしましょう。

シャンプー

スポンサーリンク

いつまでも同じ美容液を使い続ける

なかなかお肌のお手入れをしない人は、

美容液や化粧水を余らせがちです。

それに、食品などと比べて、美容グッズやコスメには

使用期限がないと思いがち。

ですが、古い化粧品は肌にとっても悪いんです。

「買った時にとても高かったから」

「ブランド品だから、捨てられない」

という方も少なくないでしょうが、

使い続けると間違いなく肌にダメージがあるそうです。

何年も使い続けている化粧品は、できれば処分しましょう。

購入する時に、使用期限を確かめるのも忘れないようにしたいですね!

ちなみに、これはコスメも同じです。

ファンデーションや口紅、マスカラなども

古くなったものは処分しましょう。

参考記事:消費期限を過ぎた商品は、肌を劣化させる?

 

こまめな角質落としはやめる

肌のざらざらが気になる、毛穴が詰まっているのをなんとかしたい……

こういう時には、スクラブなどを使って

ついつい角質を落としてしまいがちです。

ですが、これは毎日のように行うような習慣ではありません。

肌をこすりすぎたり、角栓を削ろうとしたりするのはやめるべきでしょう。

週に1度くらいがちょうどいいとされています。

 
スポンサーリンク

同じシャンプーを使い続けている

「使いやすいから」「安いから」という理由で、

同じシャンプーを使い続けているのは、実はよくないという意見があります。

実はシャンプーは定期的に変えていったほうが効果が高まるそうです。

気に入ったものをいくつかキープしておき、

交互に使うようにするのがいいとのことです。

その季節によって、効能の違うシャンプーを

使い分けるのもいいという意見もありますね。

ただし、肌が弱い人は無理をしないようにしましょう。

刺激の弱いシャンプーのほうが、

肌を乾燥させない可能性が高いですので、

肌質に合った商品を選ぶのがコツです。

 

今までに紹介したこれらの習慣は、女子力を低下しかねない習慣です。

これからは

・美容液やコスメは、こまめに処分する

・毎日のように角質を落とそうとするのはやめる

・シャンプーは試行錯誤して、いろんな種類を試してみる

ということを心掛けてみましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!