髪の毛のアンチエイジングも忘れずに!うるうるつやつやヘアーを保つ秘訣

髪の毛のケア実は老化するのは肌や内臓だけではありません。

髪の毛も、老化します。 髪の毛が白髪だらけだったり、

パサパサだとどんな美人も魅力的に見えません。

うるつや髪を目指して、しっかりケアをしていきましょう。

スポンサーリンク

実は、髪の老化が始まるのはアラサーぐらいの年齢からとされています。

30歳から35歳くらいから、髪の毛の成長周期が乱れるようになり、

老化が始まるのだそうです。 老化の原因は、ズバリ髪の毛の栄養不足やダメージ。

しっかりと髪の毛をケアしていなかったり、紫外線や乾燥から守るようなことを

していなかったりすると、髪は老化します。

また、髪の毛や頭皮のケアのやりすぎも、

頭皮にダメージを与えることがあるそうです。

さらに、ホルモンバランスが乱れると髪の毛も老化する傾向にあるのだとか。

女性ホルモンが乱れがちな女性は、気を付けたほうがいいかもしれません

。 忘れてはいけないのが、ストレスが原因になることもあるということです。

悩みがあったり、毎日疲れてゆっくり休めない人も、

頭皮や髪の毛が老化しやすいそうです。

 

髪の毛をつるつるのまま保つ方法ってあるの?

・食生活を変える

偏った食生活は、髪の毛を老化させます。

こういう時にいいのはタンパク質の摂取です。

鶏肉やお魚、大豆の料理などを食べましょう。

赤身のお肉などもいいそうですよ。

 

・頭皮の血行をよくする

髪の毛が潤っていないと思ったら、トリートメントをつけて

よくマッサージをすることも大事です。

頭皮を揉みほぐして、血行をよくしましょう。

 

・髪の毛の乾燥を防止する

枝毛や切れ毛に悩んでいる女性は、多いのではないでしょうか?

これは、髪の毛が乾燥しているから。

髪の水分量が不足しており、毛の表面が荒れてしまっているからです。

キューティクルが足りていないのかも。

シャンプーやヘアケア製品を変えてみましょう。

 

・女性ホルモンが乱れないライフスタイルを作る

男性ホルモンのせいで、薄毛になったり

抜け毛が増えている可能性があります。

女性ホルモンが活性化するようなライフスタイルを

目指してみましょう。 ストレスがない生活をするのも大事です。

睡眠時間はきちんととる、食事は栄養のあるものを

規則的にとるなど気を付けましょう。

 
スポンサーリンク

髪の毛がうるうるになるヘアケア方法

・ブラッシングは丁寧に行う

実は、ブラッシングは髪の毛を美しく保つには必要なこと。

専用のブラシなどを使うと、あまりの気持ちよさに

うっとりしてしまうかも。 ブラッシングをすることで、

絡んだ髪の毛をもとに戻したり、

汚れを取り除いたりすることができます。

また、丁寧にブラッシングをすることで、髪の毛全体に

皮脂がいきわたり、つるっとさせることができるでしょう。

マッサージ効果も期待できます。

髪の発育にも、ブラッシングはもってこいなのです。

 

・頭皮クレンジングをマメに行う

頭皮の毛穴に詰まった汚れを、クレンジングで落とすことができます。

用意するのはホホバオイルと蒸しタオルです。

ホホバオイルをまず手に取り、乾いた状態の髪の毛に塗り込みます。

マッサージをするように、地肌になじませましょう。

そして用意しておいた蒸しタオルを頭に巻いて、

そのまま10分程度蒸らします。

オイルはシャンプーと共に洗い流せばOK。

ちなみにホホバオイルは、比較的安価に購入することができるそうです。

天然素材でできているので、髪の毛に優しいのも嬉しいですね。

 

・シャンプーを選び直す

安いからと言って、自分の肌に合わないシャンプーを

使い続けているのはあまりいいものではありません。

思いきって、いい成分の入ったシャンプーを選びましょう。

 

・トリートメントのタイミングを覚えよう

トリートメントの前には、

タオルドライをしたほうがいいと言われています。

まずはタオルで余計な水分を拭きとってから、

トリートメントをしてみましょう。

 

・ドライヤーも、髪の水分をとってから

びしょびしょに濡れたままの髪の毛にドライヤーを当てると、

髪の毛が荒れやすいそうです。

タオルドライをした後に髪を乾かすようにしましょう。

できるだけ弱い設定で、低い温度の状態を保ったまま、

短時間で終わらせることがポイントだそう。

髪だけではなく、頭皮もしっかり乾かすように風を当てましょう。

あまりに近距離から熱風を当てると、肌に悪いそうです。

20センチくらいは離すように、心がけたいものですね。

 
スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!