疲れ目、くすんだ目…老けて見られる「瞳」を改善する方法

肌に年齢が出やすいように、目にも年齢が出るもの。

疲れ目、皮膚がたるんだ目、そしてカピカピに乾燥した目…これでは、もしかしたら年齢よりもだいぶ老けて見られてしまうかもしれませんね。

それに、目元のトラブルは早急に解決しておくべきポイントです。でも、こういったトラブルはどうやったら解決できるのでしょうか?

a1180_014372

カピカピの瞳は、どんなトラブルのもとになる?

乾き目は、とても不快なもの。

目がかゆくて、仕事や家事に集中できない!ということもあるかもしれませんが、もっと悪影響もあるのかも。

スポンサーリンク

たとえば、まばたきの回数が増えます。

まばたきが増えると、目元が疲れやすくなります。さらに、皮膚がたるむ可能性も考えられるそうです。

そのたるみのせいで、小じわが生まれてしまう。

もしくは、目元の肌がくすんでしまったり、クマがくっきり…なんてこともあります。

「目つきが悪く見られてしまった」「怖がられた」「オバサンに間違われた」など、老けて見られる・怖い人間だと勘違いされるというデメリットもあるそうです。

オールインワンの美容液みつけました

 

カピカピの乾き目が老け顔の原因に!それを防ぐにはどうしたらいい?

それではどうしたら、乾き目を防げるのでしょうか?

スポンサーリンク

まず、効果的なのは目薬です。

こまめに目薬を差す習慣を身につけましょう。

また、涙の成分に近い目薬は乾き目に効果があるのだそうです。

自分にあう目薬を選んで、いつも持ち歩くようにしましょう。

目薬と同じように、アイマスクを使う習慣が大事だそうです。

実は、寝ている間も目元の皮膚は乾燥していっているそう。

ですから、アイマスクは乾燥を防いでくれる大事なアイテムらしいです。

目元のシワが気になる方は、アイマスクで改善が見込めるかも?

また、アイクリームを併用すると効果がアップするでしょう。

アイマスクが窮屈だという人は、ホットタオルを使用して目元の血液の巡りを循環させるだけでもいいでしょう。

また、ブルーベリーが疲れ目に効くという話もあります。

ブルーベリーに含まれているという、アントシアニンという成分が目にいいそうですから、おやつにベリーを選んでみるのも良さそうです。

ブルーベリー以外にも、カシスやブドウ、イチゴなどにも含まれています。

また、ナスや黒ゴマ、赤シソなどにも入っているそうですから、意識して摂ってみるといいかもしれません。

目元が老いてしまうと、せっかく他のパーツを若く保っていても台無しです。

いつまでも若く美しくいたいのならば、目元のケアも忘れずにしておきましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!