髪の毛の老化は35歳からはじまる!?そのケア方法を知り、若いままの髪型をキープしよう

髪の老化「髪の毛も老化する」という事実は、もはや常識。多くの女性が知っていることでしょう。

ですが、髪の毛の老化が30代から始まるというのは、あまり知られていないのではないでしょうか。

髪の毛の老化は、具体的には35歳くらいから始まるとされています。知らずにそのままにしておくと、取り返しがつかないことになってしまうかも!そうならないためには、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

髪の毛の老化を舐めないことが大事!

若い頃は、女性は「髪の毛のダメージ」で悩みがちです。

しかし、この35歳という年齢を越えると「髪の毛がパサパサしていて、まとまらない」「ケアしていてもはねる、うねる」「髪の毛がまとまりにくくなった」という人が多いよう。

特に、髪の毛がうねうねするようになった…という女性はたくさんいます。

昔はストレートヘアーだったのに、今は髪の毛がクセっ毛のようになってしまった。

これはずばり、髪の毛の内側と外側の脂質と水分のバランスが崩壊してしまっているからだとされています。

この崩壊は、年齢を重ねるにつれてホルモンバランスが乱れることが原因だそう。

「若い頃と比べると、化粧がのりにくくなった」

「昔はすぐに痩せることができたのに、代謝が悪くなったのか、痩せにくい体質になった」というのと、同じ原因です。

しかし、髪の毛の老化は気付きにくいもの。

寝ぐせと勘違いして、ヘアアイロンで無理やり髪の毛を伸ばしたり、ブローをやりすぎてしまうと、髪の毛のダメージがさらに蓄積されます。

ですが、髪の毛がそのような状態だと、老けて見られることは確実です。

放っておくと、「おばさんヘアー」になってしまうかも!

そこに何か改善策はあるのでしょうか?

 
スポンサーリンク

たんぱく質を摂り、ケアを忘れないこと

こういった髪の毛のうねりを改善するには、生活習慣を見直すことが大事です。

ホルモンバランスを整えるような生活環境にしましょう。

健康的な生活をすることで、髪の毛も潤います。

それだけではありません。肌も内臓も若々しくなるでしょう。

髪の毛をまっすぐにしたいのならば、たんぱく質は欠かせません。

また、髪の毛のうねりに効果的なヘアケア製品を入手して、しっかりお手入れすることをオススメします。

「流行しているから」という理由ではなく、自分の髪質にあったシャンプーを選ぶことも大事です。

正しいシャンプーやリンス、コンディショナーの選び方を知っておきましょう!

いつまでも若々しくいたいのならば、ヘアケアはして当たり前。

ですが、無理やり髪の毛を美しく保つのではなく、体の中から美しい髪の毛を作れるような生活を送りましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!