肌をキレイに保ちたいなら、お昼寝を習慣にしよう

昼寝の習慣子供の頃は「昼寝」を習慣にしていた人もいるのではないでしょうか?

しかし、大人になるとなかなか昼寝をしなくなってしまったという女性も多そうですね。

ですが、昼寝は肌を再生させる能力を高めてくれる効果があるのだとか。

仕事や家事で忙しくしている方は「昼寝なんて!」という印象があるかもしれませんが、たまにはリフレッシュも大事です。

思いきって寝たほうが、効率アップすることもありますよ。

スポンサーリンク

 

お昼寝が、どうして美肌を作ってくれるのか?

それでは、昼寝がどうして美肌と関連があるのでしょうか?

そもそも、睡眠をたっぷりとることはお肌を美しくキープする最大の秘訣とも言われていますよね。

参考記事:睡眠と美肌は関係あるの?

昼寝にも同様のことが言えるのかもしれません。

肌細胞が生成するコラーゲン、そしてケラスチンの生産量を上げるには、肌を少し休ませてあげることが大事です。

昼寝をすると、成長ホルモンが分泌されるそうです。

そうすると、コラーゲンの生成が活発化して、肌のハリが蘇ってくるでしょう。

また、短時間でも睡眠をとると、目や筋肉の疲れがとれる効果も見込めるそうです。

肌の血色も自然と良くなるそうなので、顔色が悪いのが悩みの人は昼寝を取り入れてみてもよさそうですね!

しかし、お昼寝が肌にいいことが分かっていても、なかなか時間が取れない人も多いですよね。

 

仕事の効率もあがって、「できる女」になれるかも

仕事や家事を長時間やっていると、集中力が途切れてきてしまいます。

体も疲れていて、頭もガンガン。昼寝をすると、その感じがリセットされるそうです。

集中できないなあ…と思ったら、お昼休みにちょっとだけ寝てみるのもいいかもしれません。

 

より肌を美しくする昼寝のやり方とは?

昼寝は、基本的にはあまり長くないほうがいいとされています。

10分から15分程度がいいでしょう。

横になってしまうと、本気で寝てしまって数時間経過…ということもあり得ますから、忙しい方はご注意ください。

どうしても横になりたい時には、目覚ましを忘れずに!

時間がないけど寝たいという時には、机に突っ伏して寝るのもいいとされているそうです。

デスクピローやクッションを使うと便利だと思います。

間違っても、首を寝違えるような寝方をするのは避けたいですね。

このような短時間の昼寝を習慣化できれば、肌もツルツル、仕事や家事の効率もアップ!

夜の寝つきがよくなるという意見もあるそうですね。

アンチエイジングにも効果的だそうですから、普段肌荒れに悩んでいる人、疲れるとほうれい線や小ジワが目立つ…という女性は、昼寝を初めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

アラサー・アラフォー女性が若さと美を保つための『昼の習慣』

昼の習慣仕事中や家事の最中、つい気が抜けてしまっていませんか?

お昼ごろになると、疲れが顕著に顔に出てくることがあります。

このような疲れが、女性をもっとも老けて見させるもの。

若く見せるためには、自分の顔をこまめにチェックして、

さらに笑顔をキープするようにしましょう。

それ以外にも、女性をより若く、美しく見せてくれる『昼の習慣』を身につけて、

会社や家庭でも愛される美女を目指してみましょう。

 

小腹がすいたら、間食を

小腹がすいた時の間食は、あまりいいとはされていません。

ですが、イライラしてそれが表情に出てしまったり、

「グーキュルキュルキュル」などと大きな音でお腹がなってしまっては、

家にいる時にはまだしも外では格好悪いもの。

そのような時にはノンシュガーの飴玉を舐めて血糖値を上げてみるのはどうでしょうか。

イライラした表情は。眉間のシワの原因ともなります。

飴が嫌だという方は、グミやドライフルーツ、ナッツなどでも

小腹を満たす効果はあります。

参考記事:老化しにくいおやつの秘密は、「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」にあった!

 

ランチタイムは、野菜を食べよう

食事はバランスよくが基本です。

おにぎりだけ、野菜サラダだけ、お肉だけといった偏った食事は

避けたほうがいいでしょう。 野菜は食物繊維も摂取できるので、健康にもいいのです。

また、昼休みの時間や昼食後の休憩時間を長くとりたいからといって、

早食いはよくありません。 できるだけゆっくり食べて、よく噛みましょう。

イライラしながらご飯をかっこんでまた仕事、では体にもよくないかと思います。

できれば会話を楽しんだりしながら、楽しく食事をしましょう。

 

日焼け止めを塗り直して、メイクを直そう

日焼け止めは、2時間に1回程度塗り直すのがいいとされています。

ですが、日焼け止めの上から化粧をしている場合、

もう一度ベースメイクからするとなると大変です。

UVカット機能があるファンデーションや化粧品などを選ぶといいでしょう。

メイクをこまめに直すことで、見た目にも美しく、

肌にも負担がかかりにくくなります。

浮いた皮脂はきれいにあぶらとり紙で拭き取っておきましょう。

これをそのままにしておくと、肌がくすんだり毛穴の詰まりを招いたりしかねません。

また、メイクもうまくいなかい、見た目に汚らしくなることでしょう。

ついでに、化粧水やミネラルウォーターのスプレーを使用して、

乾燥しないように肌を保とうとしている女性がいますが、

これは肌を乾燥させてしまう悪習慣という声もあるそうです。

肌に水をつけることで、余計に肌の水分を蒸発させてしまうのだとか。

メイクの上から美容液をそっとつけていくほうがいいそうです。

 

おやつタイム、カフェタイムにも要注意

午後3時ごろに、外で休憩をとることもあるでしょう。

喫茶店などで気を付けたいのが、紫外線です。

日当たりのいい場所に座ると、紫外線が当たって

日焼けをしてしまう可能性があります。

また、カフェで最近増えているメニュー『豆乳』にも注目です。

コーヒーに入れる牛乳が豆乳に変更できるところもあるそうですから、

ラテが好きな方は豆乳ラテにして頼んでみましょう。

脂肪分が少ないので、女性はこちらのほうが健康にも美にもいいかもしれません。

コーヒーや緑茶が好きな方は、飲みすぎに注意です。

コーヒーと緑茶には、カフェインが含まれています。

飲みすぎると精神が興奮状態になったり、あまりいいとはされていません。

飲み物とと一緒にお菓子やケーキを食べることもあるかもしれません。

こういう時には、フルーツの乗ったケーキがオススメです。

たとえば、ビタミンCがタップリ入ったイチゴ、マンゴーなどが

乗っているものを選びましょう。 お腹にもいいし、美肌効果もバッチリですよ。

ただし、あまり食べ過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!