肌をキレイに保ちたいなら、お昼寝を習慣にしよう

子供の頃は「昼寝」を習慣にしていた人もいるのではないでしょうか?

しかし、大人になるとなかなか昼寝をしなくなってしまったという女性も多そうですね。

ですが、昼寝は肌を再生させる能力を高めてくれる効果があるのだとか。

仕事や家事で忙しくしている方は「昼寝なんて!」という印象があるかもしれませんが、たまにはリフレッシュも大事です。

思いきって寝たほうが、効率アップすることもありますよ。

昼寝

スポンサーリンク

お昼寝が、どうして美肌を作ってくれるのか?

それでは、昼寝がどうして美肌と関連があるのでしょうか?

そもそも、睡眠をたっぷりとることはお肌を美しくキープする最大の秘訣とも言われていますよね。

参考記事:睡眠と美肌は関係あるの?

昼寝にも同様のことが言えるのかもしれません。

肌細胞が生成するコラーゲン、そしてケラスチンの生産量を上げるには、肌を少し休ませてあげることが大事です。
昼寝をすると、成長ホルモンが分泌されるそうです。
そうすると、コラーゲンの生成が活発化して、肌のハリが蘇ってくるでしょう。

また、短時間でも睡眠をとると、目や筋肉の疲れがとれる効果も見込めるそうです。

肌の血色も自然と良くなるそうなので、顔色が悪いのが悩みの人は昼寝を取り入れてみてもよさそうですね!

しかし、お昼寝が肌にいいことが分かっていても、なかなか時間が取れない人も多いですよね。

 

仕事の効率もあがって、「できる女」になれるかも

仕事や家事を長時間やっていると、集中力が途切れてきてしまいます。

体も疲れていて、頭もガンガン。昼寝をすると、その感じがリセットされるそうです。

集中できないなあ…と思ったら、お昼休みにちょっとだけ寝てみるのもいいかもしれません。

 
スポンサーリンク

より肌を美しくする昼寝のやり方とは?

昼寝は、基本的にはあまり長くないほうがいいとされています。

10分から15分程度がいいでしょう。

横になってしまうと、本気で寝てしまって数時間経過…ということもあり得ますから、忙しい方はご注意ください。

どうしても横になりたい時には、目覚ましを忘れずに!

時間がないけど寝たいという時には、机に突っ伏して寝るのもいいとされているそうです。

デスクピローやクッションを使うと便利だと思います。

間違っても、首を寝違えるような寝方をするのは避けたいですね。

このような短時間の昼寝を習慣化できれば、肌もツルツル、仕事や家事の効率もアップ!

夜の寝つきがよくなるという意見もあるそうですね。

アンチエイジングにも効果的だそうですから、普段肌荒れに悩んでいる人、疲れるとほうれい線や小ジワが目立つ…という女性は、昼寝を初めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!