太りやすい果物と、そうでない果物のボーダーラインがあった!若くスレンダーな体を保つフルーツって、何?

いつまでも若く美しいボディラインを保ちたい。

そのためには、間食をやめる!と言っても、

なかなかうまくいかないこともあります。

特に、甘いものを欲しくなってしまった時にはとてもつらいですよね。

そういう時に役に立つのがフルーツです。

美肌効果があるものを選べば、まさにフルーツは

お役立ちおやつに早変わり。

ですが、フルーツにはビタミンCや食物繊維が

豊富に含まれているものが多いとはいえ、

糖質がたっぷり含まれているものもあります。

つまり、果物にも痩せやすいものと

太りやすいものがあるということを知っておきましょう。

それでは、痩せやすい果物と太りやすい果物には、

どういったものがあるのでしょうか?

フルーツ

スポンサーリンク

痩せやすい果物

・スイカ

夏といえばスイカ!ですよね。

スイカには、カリウムはシトルリンという物質が含まれています。

これがむくみに効果があると言われているんです。

赤い部分にだけでなく、皮の近くの白い部分にもシトルリンはあるそうですね。

白い部分は炒めものやスープ、お漬け物にすると美味しくいただけます。

参考記事:美白、老化にも効果的な「スイカ」を食べよう!

・イチゴ

ビタミンCたっぷりで、女性ならば誰でも好きなイチゴ。

実は葉酸が豊富なので、貧血になりやすい女性は

絶対に口にしておくべき食べ物だそうです。

弱点は、傷みやすい・腐りやすいところ。

傷んできたと思ったら、ジャムにしたり、

冷凍してからスムージーなどにして飲むのがいいそうです。

・グレープフルーツ

こちらもビタミンCがたくさん入っている果物です。

苦みを感じるような部分には、脂肪を分解してくれる成分

「ナリンギン」が入っているとのことです。

スポンサーリンク

太りやすい果物

・バナナ

食物繊維がたくさんなので、お通じにもいいとされるバナナ。

朝バナナダイエットなんかも流行しましたね。

新陳代謝をよくする成分も入っていますから、

アンチエイジングにも効果大だそう。

ですが、他のフルーツと比べるとカロリーが高いかもしれません。

食べ過ぎは厳禁ですね!

・リンゴ

こちらにも食物繊維がたくさん入っているリンゴ。

コレステロールを下げてくれる機能もありますから、

血圧が高い人にもいいみたい。 さらに、お腹のトラブルにも

効果があるので、便秘や下痢で悩む人にいいですね。

ただ、バナナ同様、カロリーが低いフルーツではありません。

できれば、リンゴは加工せずにそのまま食べたほうがいいらしいです。

そのほうが、満腹感が出やすいんですって!

・アボガド

アボガドもフルーツの仲間として考えます。

ミネラルや食物繊維がたくさん含まれているし、

女性ホルモンの分泌をも高めてくれるそうです。

ただし、脂肪分も多いので、アボガドだけを

たくさん食べると体に悪いかもしれません。

サラダの中に入れたり、サンドイッチの具の

ひとつにするくらいがちょうどいいのかも。

 

フルーツを美味しく、体にいい形で食べるのにはコツがあるそうです。

まず、冷やしすぎないこと。

常温で食べたほうが、消化しやすくなります。

もうひとつが、他のものと混ぜて(一緒に)食べないこと。

アボガドのようなものは別ですが、果物は他の食材と食べると

消化不良を起こすことがあります。

食事の後に「甘いものが食べたいけど、フルーツで我慢」よりは、

間食として食べたほうが上手に栄養がとれるようです。

ただし、どんな食べ物も食べ過ぎると栄養が偏ります。

そればかり食べないようにしたいですね。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!