コンビニ食品を食べても、太らない!老けない!賢いメニューの選び方

サンドイッチついつい忙しい時や疲れている時に頼ってしまうコンビニ弁当。

ランチや晩御飯にコンビニで食事を選ぶ女性も少なくないでしょう。

ですが、コンビニの食品ばかりでは栄養が偏り、不健康になってしまうかも。

不健康な食生活は、肌トラブルや老化を招きかねません。

そういう時に、メニューの選び方を工夫するだけで、

少しだけ栄養面が行き届いたものになるかもしれません。

参考記事:美肌力を低下させない!アンチエイジングを意識する女性のための外食の賢い選び方

■おにぎりやパンを購入する時には、サラダなどもつけよう

女性は、おにぎりにカップスープをプラスしたり、

菓子パンや惣菜パンに野菜ジュースをプラスしたりしがちです。

スポンサーリンク

ですが、こういう食べ方は炭水化物を多めに摂取していることになるでしょう。

太りにくい体を作るためにも、おにぎりに

お味噌汁や豚汁、サラダなどをプラスしていきましょう。

お味噌汁は、できれば具がたっぷり入っているものを選びましょう。

野菜以外にも、きのこもいいそうです。 サラダは海藻サラダがオススメです。

カルシウムや鉄分といったミネラルが補えるので、

女性には見逃せない高性能な食品です。

食べる順番は、炭水化物よりサラダを先にしたほうがいいそうです。

試してみて。

 

■納豆を使用したメニューを選ぶ

おにぎり以外にも、○○巻といったメニューも

コンビニでは多く販売されていますよね。

サラダ巻や鶏からマヨ巻、エビマヨ巻やねぎとろ巻など、

コンビニにはいろんなメニューがあります。

できれば、納豆巻を選んでみましょう。

納豆はタンパク質や食物繊維も摂取できるうえに、

代謝がアップするという効果も見込めます。

 

■パンは、野菜たっぷりのサンドイッチをチョイス

サンドイッチは、野菜がサンドしてあるものを選ぶことがコツです。

マヨネーズがたっぷり入ったもの、

揚げ物を使用したものは避けたほうがいいかも。

ハムやチーズ、たまごのサンドなどはオススメです。

惣菜パンや菓子パンといった類のパンは、

油をたくさん使用しており、ハイカロリーな傾向があります。

それなのにビタミンが摂取できないことも多いので、

できればやめておいたほうがいいでしょう。

 
スポンサーリンク

■カップスープは、食物繊維の量を見て購入しよう

野菜が多いカップスープを選びましょう。

食物繊維が3.0グラム以上のスープがベターだそうです。

 

■野菜ジュースは、フルーツの果汁が入っているものよりも

野菜100パーセントのものを選ぼう

フルーツ入りよりも、野菜ジュースを選びましょう。

トマトジュースはリコピンが摂取できるのでオススメです。

フルーツジュースなら、ビタミンたっぷりのグレープフルーツのジュースを

選んでみましょう。 ただし、飲みすぎには注意!

 

■麺類は、こってりメニューは避ける

コンビニで売られているパスタも美味しいものが多いですが、

クリーム系パスタはカロリーが高い傾向にあります。

また、ベーコンも同様だそうです。

できれば野菜がたっぷり入ったものを選びましょう。

夏には、冷やし中華がいいそうですよ!

 

■もう1品プラスするなら「温泉卵」「ゆで卵」

実はコンビニでも販売されている「ゆで卵」。

カロリーも意外と低いうえに、タンパク質やビタミンAなどが摂取できます。

ビタミンAは、免疫力をあげてくれるそうですから、

女性でも食べておきたいですね。

 

■お弁当は、彩りのよいものを選ぼう

揚げ物や煮物で茶色いお弁当は、栄養が偏る可能性があります。

トマトの赤、ピーマンやソラマメの緑、パプリカやカボチャの黄色、

ごまの白、しいたけの黒など、彩りがいいお弁当のほうが体にいいそうです。

食材も、たくさん使用されているものを選んでみましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!