美肌習慣『グリーンスムージー』を続けるための5つのコツ

最近、どうも肌の調子がよくないわ……

そういう女性はもしかしたらビタミンを摂っていないのかもしれません。

便秘だと、肌の調子も停滞しますよね。

こういう時に効くのが、「グリーンスムージー」です。

グリーンスムージーとは、小松菜やほうれん草などの野菜と果物。

そして水をミキサーで混ぜて作るジュースです。

毎日、コップに1杯飲むだけで健康にもなりますし、

美しい肌やボディを保つこともできるそう。

加齢臭が気になる人にも、なんと効果があるみたいですね。

脇や頭皮などから「オバサンの臭いがする……」と悩んでいる人は、

是非取り入れてみて。

 

まだグリーンスムージーを始めていない方のために、そのコツを紹介していきます!

グリーンスムージー

■材料の皮は剥かない!

小松菜やほうれん草は剥くところがありませんが、

フルーツの皮まで剥かなくてもいいんです!

皮の柔らかい果物に限っていえば、皮ごと投入していいみたい。

スポンサーリンク

桃やキウイ、りんご、梨、プルーンなどはその代表格です。

これ以外にも、柿やいちじく、きんかん、マンゴー、

すもも、洋ナシなども皮を剥かなくていいそう。

というのも、皮の下には栄養価が高い部分がくっついているそうです。

だから、皮ごと食べたほうが体にいいそうですね。

ただし、海外からの輸入フルーツはたくさんの農薬が付着している

可能性もありますから、できれば国産のものを

使ったほうがいいかもしれません。

 

■生の野菜や果物を使う

できれば生の野菜のほうが栄養素が高いので、そのまま使いたいもの。

もちろん、冷凍野菜などでも代用は利きます。

気を付けたいのは、でんぷん質が含まれている根菜のような野菜を入れないこと。

そして、砂糖などの調味料は入れないこと。

市販のジュースや豆乳を入れないほうがいい、という意見もあります。

ヨーグルトは「入れたほうがまろやかになっておいしいし、

ヨーグルトはお腹にいい」という意見と、

「入れないほうがいい」という意見があるようです。

使いたいのならば、プレーンのヨーグルトを選んでみて。

甘さを足したいのならば、ハチミツを入れるなど工夫してみましょう。

自分なりのオリジナルレシピを研究してみましょう。

 

■なんでもかんでも入れすぎない

フルーツをたくさん入れたら効果があるんじゃない!?という意見も見かけますが、

あまりに大量に作っても体によくありませんし、お財布にもよくありません。

作りおきがきかない飲み物ですから、その都度作って飲むべきです。

あまりにたくさんの野菜やフルーツを入れても、

効果が高くなるわけではないようです。

 

スポンサーリンク

■一気に飲まない

一気に飲んでも、体にいいわけではありません。

一口一口、味わうように飲んでいきましょう。

できれば、他の食事とは切り離し、単体で飲んだほうがいいようですね。

何かを食べたい時には、前後40分は開けたほうがいいようです。

また、できれば常温で味わいましょう。

夏の暑い時期には氷を入れて飲むのも気持ちがいいものですが、

できれば常温のほうがいいかも。

 

■毎日飲み続けること

コップ1杯でもいいから、コツコツ続けることが大事です。

続ければ、きっと効果が出てくるはずです。

お気に入りのレシピを見つけて、頑張って継続しましょう。

 

■気を付けたい!グリーンスムージーの落とし穴

体にいいと言われているグリーンスムージーですが、

飲み方を間違えてしまうと逆に便秘になってしまうこともあるようです。

たとえば、冬に冷えたスムージーを飲むと、お腹によくありません。

内臓を冷やしてしまうことは、とても危険なことです。

体を冷やすような習慣とコンボで続けたら、

もしかしたら痩せにくい・代謝の悪い体質になってしまうかも。

参考記事:若返るために「内臓」のアンチエイジングを始めよう

 

また、旬から外れた野菜や果物を使ったり、南国生まれの果物を冬に食べることは、

冷えやすい体を作りかねません。

さらに、フルーツを摂りすぎると意外と太るもの。

果物を摂取する時にも、適量を考えましょう。

「お菓子じゃないから」といっても、果物は意外と糖分がたっぷり含まれています。

 

このように、実はグリーンスムージーは夏向きとされているようですね。

それでは、冬はどうしたらいいのでしょうか?

冬にオススメな美容法は、ズバリ「白湯」です。

温かいお湯を頻繁に体の中に入れることで、健康にもいいそうですよ。

お風呂に入る時に白湯を飲むのもいいそうです。

また、グリーンスムージーも飲み方を間違えなければいいんです。

口に入れてすぐに飲み込まずに、

口の中で温めてから飲み込むようにすればいいみたいですね。

時間帯も寒い朝や深夜でなく、昼間に飲むと代謝に影響が出にくいそうです。

 

このように、使い方さえ間違えなければ体にもいい、美容にもいいスムージー。

りんごやバナナ、キウイ、小松菜、しょうがなどを使ったスムージーも

人気のようです。

美容のためだけでなく、ダイエットにも効果があるのだとか。

出産直後で体が重いという女性にもぴったりだそうです。

野菜や果物がたっぷり体内に取り込めるスムージー、

今からあなたも始めてみてはどうでしょうか?

 
スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!