つるつる肌を紫外線から守れ!紫外線対策にピッタリの3種のジュース

最近、すっかり女性の食生活に定着した印象のグリーンスムージー。

なかなかそのままだと口にしにくい野菜や果物も、

ジュースにして飲んでしまえば楽に摂取できます。

そしてこの季節に気になる紫外線も、

ジュースで体の内側から解決することもできるのだとか。

日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子で紫外線をカットしながら、

体の中から紫外線対策を行っていきましょう。

さまざまなジュースを飲みながら、若くてきれいな肌をキープしましょう!

日焼けに効くジュース

スポンサーリンク

■トマトジュース

健康にも美にもピッタリのトマトジュース。

トマトと言えば、『リコピン』です。

紫外線のダメージから肌を守れますから、

シミやシワの予防にも効果があるそうです。

日焼けにも効果があるので、生で食べてももちろんOKなんだそう。

ですが、ジュースで体内に取り入れても効果抜群なんだそう。

ジュースでゴクゴク飲むのもいいですが、

トマトジュースを料理に使っても良さそうですね。

その日の気分によって、使い分けましょう。

トマトが苦手な人も、自分が飲みやすい商品を探してみてはどうでしょうか。

 

■にんじんジュース

こちらも効果が高そうなのがにんじんのジュースです。

にんじんにたっぷり含まれているのがβカロチン。

抗酸化作用がありますから、トマトと同じく日焼け防止に効果があります。

サプリメントでβカロチンを体内に取り入れている人もいるようですが、

ジュースのほうがより多くの成分を摂取できるからオススメという声もあります。

乾燥肌の人、口内炎ができやすい人にもピッタリの飲み物だそうです。

飲んでいるだけで、日焼けしにくくなったという人もいるそうです。

もちろんこちらも、ジュースでなくて料理から摂取してもいいそうですよ。

 
スポンサーリンク

■アセロラジュース

酸味が疲れた体に嬉しい、そして美味しいアセロラジュース。

ビタミンCがたくさん入っていますので、

ダメージを受けた肌の再生を助けてくれます。

肌質を良くするためにも、是非飲んでおきたいですね。

ただし、ビタミンCは摂りすぎるとすぐに体外に排出されてしまいます。

一気に飲むのではなく、毎日こまめに飲んでいきましょう。

飲みやすいのが嬉しいですね。

 

■要注意!柑橘系のジュースは日焼けには効かない!?

ビタミンCが入っているなら、オレンジジュースや

レモン味の炭酸水でもいいじゃない?という意見もありますよね。

ですが、柑橘系の果物には、光に当たると

シミに変化しやすい成分が含まれているそう。

日焼けする前に口にすると、焼けやすくなってしまうかもしれません。

参考記事:『レモン』『キウイ』『グレープフルーツ』朝に食べると、肌を老化させる食べ物があった!

体に果汁がかかった状態での日焼けも危険だそうです。

肌を大事にしたいなら、夏場は避けたほうがいいかもですね。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!