年を重ねても痩せやすい体質になれる!その一歩は「夜ごはんに雑炊」にあった!

体のラインが気になるけれど、仕事や家事で忙しくて食事も満足に作れない。

外食やコンビニ弁当、冷凍食品のループを繰り返している。

このような食事内容では、美はもちろん、健康を保つこともできません。

そんな女性に是非挑戦してほしいのが、なんと『雑炊』です。

雑炊

晩御飯に「雑炊」をチョイスするメリットとは

夜雑炊を始めるメリットは、たくさんあります。

・体が温まる

・さまざまな食材を入れられるので、野菜もたっぷりとれる

・ローカロリー

・消化にいい

・料理が苦手な人でも、簡単に作ることができる

・安い値段で作ることが可能

スポンサーリンク

しかも、夜にきちんと食事をする習慣を作ることで、体内環境がリセットされ、

痩せ体質になれるのだとか。便秘気味の女性にもピッタリですね。

雑炊にピッタリの食材って何があるの?

・ミネラルやカルシウムがたくさんとれる乾燥わかめ

・お通じがよくなるシメジ、エノキ、シイタケ、エリンギなどのキノコ類

・美肌効果満点のニンジン、カボチャ

・良質の食物繊維が入って食べごたえもあるジャガイモ

・肌荒れを防止してくれるインゲン、きぬさや

・疲労回復に効果がある玉ねぎ

などはオススメです。

ちなみに、ご飯は白米でもいいですが、発芽玄米や雑穀米がイイとされています。

白米に混ぜて炊けるタイプのものもあるそうですから、

そういうものから始めてみてもいいかもしれませんね。

また、トッピングは

・体の温め効果抜群の刻んだネギ、ショウガ

・抗酸化作用があるスリゴマ

・ミネラルがたくさんとれる刻みノリ

・夏バテ効果もある梅干し

・さっぱり食べられるみょうが

などがオススメとされています。

 

一度は作ってみたい!夜雑炊にチャレンジ

①鍋を用意して、水を沸かす

だしをとってもいいですが、だしの素でもいいそうです。

水300ccにだしを小さじ1杯程度入れましょう。

 
スポンサーリンク

②野菜を刻んで、鍋に入れる

玉ねぎはくし切りに、根菜はいちょう切りにしていきます。

体にいいキノコなどは、一口大にしていきましょう。

彩りとして入れたいインゲンやきぬさやは、斜めに切るといいかと思います。

熱が通りにくいものから入れていきましょう。

深夜に食べる時には、なるべく細かく刻んで。

 

③野菜に熱が通ったら、ご飯を入れる

まとめて炊いておいたご飯を冷凍しておけば便利です。

ご飯を炊くのが面倒だという人は、レンジでチンするタイプのご飯を

使用してもいいでしょう。 だいたい130グラムがいいそうです。

 

④味見をして、溶き卵や葉物野菜、わかめなどを入れる

味付けは塩とお醤油、味噌、めんつゆなど好きなものを入れていきましょう。

味見を必ずします。 そこから、2~3分は煮ていきます。

最後の1分、葉の野菜や乾燥わかめなどはここで入れます。

卵が好きな人は、ここで溶き卵を入れましょう。

 

⑤最後、1分程度蒸らしてから終わり

なんと、10分程度で完成してしまいます。

鍋が1つあればできる手軽さも嬉しいですね。

 

これから夏に向けてピッタリの雑炊といえば、

・具はジャガイモや豆、ブイヨンを入れて、カレー粉と塩・胡椒で味付けするカレー雑炊

・玉ねぎ、トマト、ナスにチーズ、鳥ガラスープの素、

無塩トマトジュースに塩・胡椒で味付けするトマト雑炊

・ザク切りしたキムチ、刻んだネギ、豚肉にごま油で味付けした韓国風雑炊

などもオススメです。

 

夏は冬よりも、体の代謝が落ちるとされています。

さらに、過剰なクーラーで体が冷えることも多いそうですから、

口に入れるものは意識して温かいものを選びましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!