早食いは老化を進める!? アンチエイジングに効果があるのは「ゆっくり食べ」だった

ゆっくり食べ仕事が忙しい、家事や育児でてんてこまい……こういう状況だと、食事をする時間もなかなかとれませんよね。

慌てて作った食事を、スピーディにかっこんで終わり!

しかしながら、こういう食事をしていては、間違いなく体を壊します。

アンチエイジングを気にしている方にも、この食べ方は良くないということは知っておくべきでしょう。

老化を防ぎたいのならば、反対にゆっくり食べるべきなのです。

時間をかけ、ゆっくり食べましょう。

スポンサーリンク

ゆっくり食べは、アンチエイジングに効果あり

ゆっくり食べることは、アンチエイジングに効果があると言われています。

それはなぜでしょうか?

よく噛んで食べると、まず脳の血の巡りが良くなるそうです。

さらに、食事に対する満足感・満腹感もアップするでしょう。

また、たくさん噛むと唾液がたくさん分泌されます。

これで口の中の健康も保たれますし、歯の健康維持や口臭防止にも役立つでしょう。

口元の健康を意識している場合、ほうれい線などばかりを気にしがちですが、歯の健康を保つことも大事なのです。

やわらかくてふわふわした食感のものだけを食べていると、徐々に歯が弱くなってしまうかもしれません。

菓子パンや総菜パンよりは、歯ごたえのあるフランスパンを食べましょう。

白米よりは、玄米のほうが栄養も豊富で噛みごたえがあります。

また、生野菜、固めにしっかり焼いたステーキもおすすめです。

口に食べ物を入れてから、20回以上噛むようにするのがコツだそうです。

食事自体にも時間をかけましょう。

朝食やランチには20分以上、ディナーには40分以上かけるのがいいと言われています。

スポンサーリンク

■早食いは、危険性がある食べ方でもある

早食いは肥満につながりやすいというのは、実は有名な話です。
若い人でも、成人病などになりやすくなる、リスクが高まると言われています。

 

食事の内容ではなく、食べ方にも配慮しよう

食事は「何を食べるのか」が健康を左右します。

そして同じくらい大事なのが「どんなふうに食べるか」ということでもあります。

ゆっくり食べることは、健康や美容をキープするために欠かせないこととも言えるでしょう。

それ以外にも、

・三食を欠かさず、規則正しいスケジュールで食べるようにする

・ストレスフルな環境ではなく、リラックスした雰囲気の中で食事をするようにする

・寝る前には食べ物を口にせず、せめて就寝の2時間前に食事をする

ことを心がけてみましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!