「ぶどう」を食べて、若さをキープする! その秘訣とは?

ブドウ秋のフルーツの代表といえば「ぶどう」。

種無しで気軽に食べられるものから、皮ごと食べられるリッチなお値段のものまでいろんなものがスーパーで販売されていますよね。

実は、ぶどうには栄養がたっぷり含まれています。

そして、アンチエイジングにも効果的だと言われているのです。

アンチエイジングに効果的!でも、なぜ?

ぶどうがアンチエイジングに効果的だなんて知らなかった!という方は多いでしょう。

ぶどうにはその名前の通り「ブドウ糖」が含まれていますし、赤ワインに入っていることで有名な「ポリフェノール」ももちろん入っています。

ブドウ糖はエネルギーに変化しやすく、体を元気にしてくれます。

疲れをいやしてくれるパワーもあるでしょう。

スポンサーリンク

お菓子を食べるよりは、ぶどうを食べたほうが健康にもいいのです。

肌も老化しにくくなりますし、アンチエイジングに効果があるという理由はここからきているのでしょう。

また、ポリフェノールもアンチエイジングに効果があると言われていますよね。

肌を若々しくしてくれるという話です。

シミやシワができやすくなるかもしれません。

ぶどうの食べ方には、どんな工夫をすればいいの?

では、どんなぶどうを食べればいいのでしょうか?

また、その食べ方は生のほうがいいのか、それとも加工したものを選べばいいのでしょうか?

まず、ぶどうの選び方を知っておきましょう。

一般的には、ぶどうの表面に白い粉が浮いているものがいいと言われています。

チョコレートなどは白い粉が浮いていると品質が落ちていると言われますが、ぶどうはその反対。

新鮮な証拠です。

それ以外にも、実がぷりっとしていてハリがあるもの。

軸がかたく、しっかりしているもの。

みずみずしく、かといって腐っているような「みずっぽさ」が感じられないもの。

実が房にたくさんついていて、欠けていないものを選びましょう。

そして食べ方ですが、ぶどうは皮ごと食べるのがいいと言われています。

これはぶどうに限らず、フルーツは皮ごと食べたほうがいいという話がありますよね。

皮に栄養がある、と断言している人もいるようです。

皮ごと食べるのに抵抗がある人は、加工品である「干しレーズン」「干しプルーン」などを選んで食べてみても良さそうです。

ただし、砂糖をまぶしてあるものは避けましょう。

また、ぶどうを凍らせて食べたり、スムージーに入れて食べたりするものいいようです。

いろんな食べ方があると思いますが、気軽に試してみて下さい。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!