食べるだけで肌質アップ!?美女なら知っている、美容フードを食事に取り入れよう

美容フード美しい体をキープしたいのならば、やはり体の中から変えたほうがベターです。

つまり、食べるものから変えたほうがいいのです。

しかし、美容にいい食べ物とはどんなものがあるのでしょうか?

今回は、良く知られている美容フードを選んでご紹介していきましょう。

・納豆
納豆は、多くの人に知られた有名な美容フードです。

肌にもいいですが、腸内環境を整えるのにもよさそうですね。

スポンサーリンク

肌の代謝を良くする助けをしてくれるので、美容液や化粧液を使わなくてもプルンプルンの肌になれそうです。

毎日の食事にちょい足ししてみてはどうでしょうか?

・おから
大豆を絞った後にできる「おから」。

髪を美しくツヤツヤにしてくれる成分や、女性ホルモンの分泌を助けてくれるイソフラボンも豊富に入っています。

女性らしいボディをキープしたいのならば、やはりおからは欠かせません。

日々の食事に取り入れてもいいですし、おからを使ったスイーツやダイエット食品も美味しそう。

ただし、そこまでローカロリーな食べ物ではないという話も耳にしたことがあります。

食べすぎには注意でしょう。

・ゴマ
ゴマは、老化を防止する食べ物と言われています。

ビタミンEやリノール酸は、その代表的な成分です。

ゴマは日々の生活に簡単に取り入れることができますし、食べやすさも抜群。

食事にかけたり、「ゴマ塩」を使ってごはんにふりかけたりして食べましょう。

ごま油も美容にはいいらしいですが、こちらも摂りすぎには注意です。

スポンサーリンク

・プルーン
お腹の調子を整えるフルーツといえばプルーン。

しかも、乾燥させたドライプルーンは便秘にも抜群に効果があります。

便秘気味だと、肌の調子も悪くなります。

それを防止するためにも、プルーンはうってつけ。

小腹がすいたらプルーンを食べてみたらどうでしょうか。

・リンゴ
リンゴも美肌に効果がある食べ物として知られています。

グリーンスムージーにもたびたび使われるイメージがありますし、健康にも効果的だそうです。

プルーンと同じく、美容にいい効果をもたらしてくれます。

そして、リンゴには紫外線をカットしてくれるうえに、肌のシミやソバカスができにくくしてくれるようです。

ただし、夏場はリンゴの旬ではありません。

できれば旬のリンゴを食べたほうが、味は上かもしれませんが、食べておいて損はないフルーツです。

こういった食材は、積極的に食卓に並べてみましょう。

ただし、その食材だけを食べていると健康にも肌にも逆効果です。

バランスのよい食事に加えて、こういった食材を摂るようにしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!