夏の体型維持やダイエットには「プレミール習慣」がいいらしい

夏になると、ついつい食べたくなる冷たいスイーツ。

「暑いから」「今は冷たいアイスしか食べられない!」と理由をつけて、高カロリーな食材ばかり口にしていると、あっという間に体が老化してしまい、体型は崩れ肌はボロボロになってしまうかも…!?

スイーツ

夏の「冷たいスイーツ」が肥満を招く理由

暑い夏にはアイスやゼリー、プリンなどは特に美味しく感じますが、体型に気を付けている人は要注意。

なんでも、夏は冬に比べると脂肪が燃焼しやすいため、基礎代謝が下がってしまうそうです。

そのため、夏は冬よりも太りにくくなってしまうそう。

また、冷たいドリンクやスイーツは内臓を冷やし、その冷えた内臓を温めるために、内臓脂肪も生まれやすくなってしまうようです。

それでは、この夏太りはどうやったら防止できるのでしょうか?

 
スポンサーリンク

「プレミール習慣」を身につける

食事(=ミール)の前(=プレ)の習慣、つまりプレミール習慣は、体型や基礎代謝の維持に一役かってくれるそうです。

つまり、食事の前にある特別な食べ物や飲み物を胃に入れておくと、糖がゆるやかに吸収されるようになったり、満腹感が得られやすくなったりするそうです。

まず、食事の前には野菜ジュースやグレープフルーツを摂ると、食事をした後に血糖値が上がりにくくなるそう。

また、脂肪を吸収しにくくするのは、なんと豆乳。

脂肪を分解したいのならば、酢が効果的だそう。

満腹感を得たいのならばオリーブオイルがいいそうですが、脂っこい食事にならないように気を付けましょう。

さらに、食事の前に軽く運動をしておくと、食べすぎが防止できるという説もあります。

食事の前に軽いストレッチやウォーキングをしておくのがいいそうです。

食事したカロリーを消費したいのならば、朝食を摂る前にウォーキングを始めましょう。

反対に、食欲を抑えたい人は、夕食を食べた後にしっかり浴槽につかり、お風呂でリラックスしましょう。

このようなプレミール習慣は、アンチエイジングにとても効果があります。

夏になると気がゆるんでつい太ってしまうという方、もしくはメタボ体型を気にしている方などにはもってこいでしょう。

夏バテをしている時に何も栄養を摂らないダイエットなどをしていると、みるみるうちに体調を崩してしまうでしょうが、それを理由にガツガツ食べてしまうとあっという間に体型が変わり、肌質も変化してしまうかもしれません。

冷たいスイーツもほどほどにしておきましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!