日本でも流行の兆し!「アーモンドミルク」を始めてアンチエイジング!

ハリウッドセレブの間で流行して、エイジングケアとして流行したものはいくつもありますが、これから流行りそうなもの。

それが「アーモンドミルク」です。

アーモンドミルクとは、アーモンドから摂ることができる植物性の“ミルク”だそうです。

もともとは豆乳と一緒に流行していたそうなのですが、美容効果がとても高いことから、アメリカでもブームになっているそうです。

アーモンドミルク

アーモンドはアンチエイジング効果抜群

アーモンドは美容にいいビタミンEがたくさん入っており、老化防止に効果があるということで知られています。

もちろんダイエットにも効果大です。

スポンサーリンク

たとえばビタミンEは肌のシミやくすみを改善してくれる威力がありますし、血行をよくしてくれるパワーも備えています。

さらに食物繊維やオレイン酸、手地分なども頻繁に含まれています。

腸内環境を整えてくれ、デトックス効果も見込めます。

非常に優れた食品だと言えるでしょう。


アーモンドミルクはどうやって食べればいいの?

アーモンドミルクの作り方について、まずは勉強しておきましょう。

素焼きのアーモンドを水と一緒に容器に入れておきます。

スポンサーリンク

なお、一晩水に漬けておくことを忘れないでおきましょう。

その水に入れておいたアーモンドと水、バニラをミキサーで混ぜます。

バニラはバニラエッセンスを入れてもいいですし、バニラビーンを使用してもいいそうです。

そのまま飲むのではなく、こして飲んだほうがいいと言われています。

こしてからはシナモンパウダーを入れ、再度ミキサーにかけて飲むのが美味しいそう。

冷蔵庫に入れておけば、3日~5日もつそうです。

こしたアーモンドは捨てるのではなく、クッキーやパンケーキなどに入れて焼くと美味しいという話もあります。

また、シリアルに混ぜている人もいるようですね。

できあがったアーモンドミルクはそのまま飲むのもいいですし、ミルク代わりにコーヒーや紅茶に入れてもいいでしょう。

さらにスムージーに入れてみたり、料理に使ってみたりするのもおすすめです。

アーモンドは素焼きを使ってもいいですが、酵素をたっぷり摂りたいのならば生がおすすめだそう。

生のアーモンドも、必ず水に12時間以上漬けましょう。

アーモンドの皮には消化障害を起こす成分が入っているそうですから、それを取り除くためにもこの工程は欠かせません。

なお、アーモンドを浸していた水は捨てて、新しいお水でアーモンドミルクを作るようにしましょう。

また、アーモンドが体に良くても食べすぎないようにしましょう。

目安は、1日20~25粒だそうです。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!