老化する「砂糖」をやめて、ハチミツやフルーツを食べよう!

体をこれ以上老化させたくない!

そう考えて、「白砂糖をやめよう」と思い立った人もいるかもしれません。

ですが、なかなか甘いお菓子はやめられないのが現実。

チョコレートや焼き菓子、アイスクリームなど、美味しい誘惑に負けてしまう人も多いのではないでしょうか。

そもそも、人が砂糖を摂取すると、脳内にドーパミンやセロトニンといった成分が放出されることから、一気にハッピーな気持ちになることができるそうです。

ただし、砂糖には若干の中毒性があり「つい食べたくなっちゃう」のも事実。

それでは、どうしたらいいのでしょうか?

たとえば、砂糖の代わりになる食べ物を摂取してみればいいのです。

フルーツ

砂糖の代わりになる食品は、どんなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

■ハチミツ

ハチミツは甘さが強く、少量で満足感を得やすい食品です。

つまり、砂糖を使用するよりもローカロリーにすませることができます。

さらに、ハチミツは栄養豊富。

直接肌に塗る美容法を実践している人もいるようですが、万能に使える食材でもあります。

美肌にも効果大でしょう。

さらに、疲れた体を回復させてくれる機能や、腸内環境を整えてくれる効果もあるそうです。

■フルーツ

フルーツは、自然の甘みがありますから、白砂糖の摂りすぎを心配することはありません。

ビタミンが豊富なフルーツを選べば、肌の調子もアップしそう。

また、食物繊維やミネラルを含むものもあります。

フルーツをあまり食べる習慣がない、持ち歩けるものがいいという人は、ドライフルーツもおすすめです。

スポンサーリンク

ただし、フルーツだからといって食べすぎてもいいわけではありません。

フルーツにも糖分は含まれていますから、食べすぎると栄養が偏ることがあります。

また、ドライフルーツを選ぶ時に砂糖がまぶされているものを選ぶと、せっかくフルーツを食べているのに摂取カロリーはとんでもないことになってしまうかも。

食品成分表はしっかり確認しましょう。

■精製されていない砂糖

白砂糖は、精製されている砂糖です。

精製されていない砂糖は、白砂糖に比べると消化に時間がかかる分、血糖値が上がりにくいというメリットもあるそうです。

精製されていない砂糖のなかでも有名なのが、「てんさい糖」です。

砂糖大根が原料であり、北海道などでよく栽培されています。

食べるだけで、体があたたまる効果も期待できるそうです。

しかも、オリゴ糖が豊富に含まれていますから、腸内環境を整えるのにぴったり。

肌荒れやニキビに悩んでいる女性の強い味方になってくれそうです!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!