老化する「砂糖」をやめて、ハチミツやフルーツを食べよう!

フルーツ体をこれ以上老化させたくない!

そう考えて、「白砂糖をやめよう」と思い立った人もいるかもしれません。

ですが、なかなか甘いお菓子はやめられないのが現実。

チョコレートや焼き菓子、アイスクリームなど、美味しい誘惑に負けてしまう人も多いのではないでしょうか。

そもそも、人が砂糖を摂取すると、脳内にドーパミンやセロトニンといった成分が放出されることから、一気にハッピーな気持ちになることができるそうです。

ただし、砂糖には若干の中毒性があり「つい食べたくなっちゃう」のも事実。

それでは、どうしたらいいのでしょうか?

たとえば、砂糖の代わりになる食べ物を摂取してみればいいのです。

 

砂糖の代わりになる食品は、どんなものがあるのでしょうか?

・ハチミツ
ハチミツは甘さが強く、少量で満足感を得やすい食品です。

つまり、砂糖を使用するよりもローカロリーにすませることができます。

さらに、ハチミツは栄養豊富。

直接肌に塗る美容法を実践している人もいるようですが、万能に使える食材でもあります。

美肌にも効果大でしょう。

さらに、疲れた体を回復させてくれる機能や、腸内環境を整えてくれる効果もあるそうです。

スポンサーリンク

 
・フルーツ
フルーツは、自然の甘みがありますから、白砂糖の摂りすぎを心配することはありません。

ビタミンが豊富なフルーツを選べば、肌の調子もアップしそう。

また、食物繊維やミネラルを含むものもあります。

フルーツをあまり食べる習慣がない、持ち歩けるものがいいという人は、ドライフルーツもおすすめです。

ただし、フルーツだからといって食べすぎてもいいわけではありません。

フルーツにも糖分は含まれていますから、食べすぎると栄養が偏ることがあります。

また、ドライフルーツを選ぶ時に砂糖がまぶされているものを選ぶと、せっかくフルーツを食べているのに摂取カロリーはとんでもないことになってしまうかも。

食品成分表はしっかり確認しましょう。

 
・精製されていない砂糖
白砂糖は、精製されている砂糖です。

精製されていない砂糖は、白砂糖に比べると消化に時間がかかる分、血糖値が上がりにくいというメリットもあるそうです。

精製されていない砂糖のなかでも有名なのが、「てんさい糖」です。

砂糖大根が原料であり、北海道などでよく栽培されています。

食べるだけで、体があたたまる効果も期待できるそうです。

しかも、オリゴ糖が豊富に含まれていますから、腸内環境を整えるのにぴったり。

肌荒れやニキビに悩んでいる女性の強い味方になってくれそうです!

スポンサーリンク

 

肌の老化の原因のひとつ「糖化」を予防しよう

砂糖お肌の大敵といえば「睡眠不足」や「脂っこい食事」。

でも、同じくらい肌に悪いものといえば……そう、『糖』です。

肌の「糖化」を防いで、綺麗な素肌を保ちましょう。

 

「糖化」ってなに?

体のなかのたんぱく質は、食事から摂取した糖と結びつくことで起こる現象です。

これが今、肌の老化の原因として注目されているのです。

糖化したたんぱく質を体のなかに溜め込んでしまうと、肌がくすんできます。

黄色みがかった色になり、透明感が失われてきます。

これは、糖化したたんぱく質の仕業です。

しかも、糖化は肌を老化させるだけではありません。

成人病になるリスクも高まるとされています。

賢い女性ならば、それがどれだけ危険なことかわかるでしょう。

 

糖化は、なぜ起きるのか

糖化が起きる原因は、砂糖の摂りすぎが原因ともされています。

肌が糖化する人は、基本的に血糖値が高いと考えて間違いないでしょう。

糖分は、生きていくのに必要な成分です。

ですが、摂りすぎてしまうと体に負担をかけてしまいます。

外食やスナック菓子、チョコレート菓子はもちろん、

運動不足の生活や肥満体質もその原因となります。

また、ストレスを受けやすい生活をしている人は、

消化がうまくいっていないこともあるでしょう。

年齢を重ねたり、遺伝で糖化が起こりやすくなることも多いでしょう。

 

どうしたら、糖化を防げる?

・食事制限をすることが大事です

炭水化物たっぷりの料理や、砂糖がたくさん使われているようなこってりした外食やお菓子は控えましょう。

コツは、食事の最初に野菜を食べること。

間食をできるだけしないようにすることが大事です。

・運動をして脂肪を燃焼させることもお勧め

特に激しい運動をしなくても、なるべく歩くようにしたり、エレベーターではなく階段を使用するようにしてみましょう。

すごくよさそうな美容液見つけました

お肌のケアもしましょう

・紫外線対策をきちんと行いましょう

夏だけでなく、オールシーズンやるようにすること。

その季節によって、紫外線対策を怠らないようにするべきでしょう。

お肌を乾燥や紫外線から守ることで、肌荒れや小じわ、くすみなどから肌を守ることができます。

・糖化を防止してくれる成分の入った化粧品を選びましょう

抗酸化成分とされているビタミンAやビタミンE、そしてフラバンジェノールと呼ばれる成分が配合されているもの、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けてくれる植物エキスが配合されている商品を選ぶといいそうです。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!