むくみがなかなかとれなくなったら「塩抜き」「塩出し」ダイエットが効果的

年齢を重ねると、どうにも気になってくるのがむくみ。

若い頃はすぐに落ちていたむくみも、いつの間にかなかなか抜けなくなってしまって…と、悩んでいる方も多そうです。

そういう時に、効果的な食事法があるそうです。

それが、「塩抜き」、つまり、食事から塩を抜くという食事法です。

もともとしょっぱい味付けが好きだ、つい塩分を多めにしてしまうという食事をしている人は、この食事法を試してみてはどうでしょうか?

もしかしたら、むくみが抜けて、若い頃のスレンダーさを取り戻せるかもしれません。

塩抜き

スポンサーリンク

塩抜き・塩出しダイエットは、いろいろな人がやっている

この塩抜き・塩出しダイエットは海外でも話題になっているものだそうです。

ボディビルダーなどの人も、体を絞る時にもこの食事法を行っているとのこと。

無理な食事制限は、リバウンドを生みがちですが、この塩抜きダイエットはそのようなことが起こりにくいのもメリットでしょう。

塩抜きダイエットのメリット

塩抜きダイエットのメリットは、体重が減り、体が引き締まる効果があるそうです。

また、肌トラブルに悩んでいる人にとってはこのダイエットはいいとも言われています。

高濃度の塩分を抜くと、肌の吹き出物は消えますし、くすみも軽減します。肌色が美しく、ツヤが出てくるかと思います。

また、脚のむくみに悩んでいる人にも効果的、食事量を減らさなくても、代謝量がアップするので、むくみがとれやすくなります。

調理法を工夫すれば、飽きることもないでしょう。

塩抜きダイエットのテクニックとは、どんなものがあるのか

塩がないと、どうにも味が薄く感じられる…という人もいるかもしれません。

ですが、味付けを工夫すればいいのです。

スポンサーリンク

・レモンと胡椒

肉料理や魚料理にはもちろん、イタリアン料理やフレンチにも合うのがこの味付けです。

グリル料理の場合には、下味をつける時に胡椒をなじませましょう。

レモンは仕上げにひと絞りすると、香りがついていいでしょう。

好きなハーブと組み合わせてもいいですが、ハーブソルトの使用は控えましょう。

・ゆず山椒

焼肉にも相性ピッタリのゆず山椒、和食にはこの味付けが非常になじみやすいそうです。

ゆずは吸い物などにもいいそうですが、卵料理にもマッチするそうです。

・にんにくショウガ

肉料理にもピッタリですが、トマトを使ったスープにも好相性です。サラダや中華料理にも合いやすい、食欲が進む味付け方法です。

にんにくはすりおろすのもいいですが、スライスしても細かく刻んでもOK。

ショウガは、チューブで販売されているものもありますから、これを利用してもいいでしょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!