老化の大敵「お菓子」を食べたい!そんな時に使える、お菓子を食べながら若さをキープできるルール

お菓子食べたい老化の原因になってしまう、体形が崩れてしまう…こういう原因になりがちなのが「お菓子」です。

お菓子は、食べすぎてしまうと肌が老化する原因になったり、太る一因になってしまったりするのではないでしょうか。

でも、お菓子の食べ方さえ間違わなければ、ダイエットの妨げになることはありません。

それでは、どうしたらお菓子を楽しみながら、太らないままでいられるでしょうか?

スポンサーリンク

食事もしっかり摂る

お菓子を食べるから、食事は食べない!なんて抑止方法は間違っています。

食事もしっかり食べましょう。

体重が減ったとしても、免疫力が落ちてしまったり、肌がかさついてしまうかもしれません。

あくまで、食事がメイン。お菓子は間食にすぎません。

 

ダラダラ食べはしない

なんとなくダラダラ食べるのは、つい食べすぎてしまうもと。

それよりは、お皿に先に取り分けておいてそのぶんしか食べない!などと、決めておきましょう。

もしくは、小さな袋がいくつも入って小分けにされているタイプの商品を選ぶのがいいかと思います。

 

決められた時間の中で食べる

できれば、夜はお菓子を食べないほうがいいでしょう。

確実に太ります。

それよりは、おやつタイムである15時くらいに食べたほうがいいとされています。

逆に、22時から深夜2時の間はお菓子を食べるのはできるだけ我慢して。

 
スポンサーリンク

食べた後には、すっきり歯磨きをする

お菓子を食べた後に、つい「甘いものを食べたから、しょっぱいものを食べよう」と思ってしまいがち。

ですが、歯磨きをすればその気持ちを抑止できます。

歯磨きをしっかりして、「もっと食べたい」という気持ちを解決しましょう。

また、ガムなどを噛むのもいいそうです。

ただ、ガムを食べすぎるとお腹がゆるくなることもありますから、要注意!

 

我慢しすぎない

お菓子を食べたい!でも、食べられない…そう我慢をしていると、ストレスの原因になりかねません。

我慢しすぎて、反動で大量のお菓子をむさぼってしまうこともありそうです。

ですが、これではあまりにも体に良くありません。

どうしても食べたい!と思ったのならば、我慢せずに食べてしまうことも大事です。

ストレスが一番体に悪いのですから、そこは無理しないこと。

ただし、食べすぎないこと。

また、深夜に食べないようにすることも大切です。

また、自分でレシピを調べて、ヘルシーなお菓子やケーキを作って食べるのもいいかもしれませんね。

できるだけルールを守って、楽しいお菓子タイムを満喫するようにしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!