今日から始めたい!美肌にいい「レッドスムージー」の効果と作り方

少し前に流行したグリーンスムージー。今でも続けている!という人もいるでしょうが、とにかく大人気でした。

ですが、「いかにも葉っぱのような味がして飲めない」「青臭いのが苦手」として、これを遠ざけている女性も多いようです。

そういう女性に注目されているのが、「レッドスムージー」だそう。

名前の通り、甘い野菜・果物を使用したスムージーです。

ダイエット効果はもちろん、美肌にも効果てきめん!
明日から始めてみませんか?

トマト

スポンサーリンク

レッドスムージーの効果は?

そもそも、レッドスムージーはトマトやニンジンといった野菜がメインです。

アサイーやベリーなどを使用しているレシピもあるそうですから、お好みのものを選んで作るのがいいでしょう。

特徴は、グリーンスムージーにつきものの「青臭さ」とは無縁だということ。

どちらかというと、甘くて飲みやすい印象だそうです。

トマトをベースにしたスムージーの場合には、アンチエイジング効果や美白効果が期待できる「リコピン」を摂取できます。

ニンジンを入れれば、さらに相乗効果が期待できそう!

そもそも、スムージーは血糖が上がりにくいという嬉しい効果があるそうで、太りにくい飲み物とされています。

朝食を食べる前にスムージーを飲んだほうがいいというのは、こういう理由もあるようです。

さらに、その中に入れる果物や野菜には、免疫力や抗酸化力を高めてくれるフィトケミカルがふんだんにふくまれているそうです。

美肌効果を願うのならばレッド免疫力を上げたいのならばグリーンと使い分けるといいとのこと。

その日の体調に合わせて作り分けるのがいいのかもしれません。

スポンサーリンク

簡単なレッドスムージーの作り方

トマトもいいですが、ベーシックなのはニンジンを使ったレシピだそうです。

レモン:1/3個
リンゴ:1個
ニンジン:1本
水:200cc

ニンジンは皮ごと使うのがいいそうです。

一口大にカットして、ジューサーで砕きやすくしておきましょう。

また、リンゴはタネと芯だけをとること。

こちらも皮は剥かないほうがいいそうです。

そのままミキサーにカットしたリンゴとニンジンを入れて、水とレモン汁を入れて混ぜましょう。

できたら、そのままグイッと飲んじゃいましょう!

場合によっては、トマトや赤パプリカを使うレシピもあるそうです。

また、スープ風のスムージーにして朝食に一品加えるのも良さそうですね。


ただし、フルーツの摂りすぎは太ってしまう原因になりかねません。

飲みすぎには注意したいですね。

適量を守って、美肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!