白い食べ物は、肌を老化させる…!?その傾向と対策を理解したら、次にすべきこととは?

白い食べ物老化を防ぐのに、気を付けたい食べ物。

実はたくさんありますが、そこにはある共通点がある…なんて話もあります。

それが、色、実は「白い食べ物」は、老化しやすいという説があるんです。

白い色の食品は、いわゆる「糖化」を引き起こしやすいとされています。

口に入れてから消化するまでのスピードが速いため、急に血糖値が上がりやすいという特徴もあるとされており、食べすぎると肌にシミができたり、シワの原因にもやりやすいともされています。

また、むくみの原因にもなるかもしれません。

スポンサーリンク

白い食べ物って、どんなものがあるの?

白い食べ物というと、何を思い出すでしょうか?

まず、「米」です。そして、次に思い出す人が多そうなのが「砂糖」ではないでしょうか。

これ以外にも、パンの原料となる小麦、こちらも砂糖と同じくらい人の食生活に欠かせない「塩」

これらも老化を促進させやすいとされる食べ物です。

ビタミンやミネラルがあまり含まれていない食べ物が多く、肌にも健康にもよくないとされています。

でも、白い食べ物が肌の老化を促進するとわかっていても、簡単にはやめられない人も多いと思います。

そのような方は、肌の老化の進行を抑える効果が期待できる以下の美容液を使ってみるといいと思います。

肌の老化の進行を抑える美容液


白い食べ物による老化を防ぐには、どうしたらいいの?

それでは、これらの食べ物からくる老化を防ぐには、どうしたらいいのでしょうか?

・「黒い食べ物」を食べる
といっても、真っ黒ならばなんでもいい!というわけではありません。

白米ではなく、玄米などの精製されていないお米、食パンよりもライ麦などのパン。

白い砂糖よりも黒糖を、うどんよりはおそばを…!というようなことに気を付けるといいそうです。

スポンサーリンク

・漂白された野菜を料理に使わない
加工された野菜やカット野菜などは、漂白されて売られているものもあります。

できるだけ新鮮なものを選び、自分で調理するようにしましょう。泥つき野菜などは最高かも!?

参考記事:美しくいるために、やってはいけない!こんなダメな野菜の食べ方

もちろん、加工された食べ物しか食べる暇がない、どうしても仕方がないという時もあるでしょう。

完璧主義もいいのですが、徹底しようとするとなかなか大変なもの。

食事は1日に数回摂るものですし、あまりに気を張りすぎてしまうと疲れてしまいます。

体を壊したり、ストレスを溜めてしまっては元も子もありません。

ちょっと手抜きをしてもいいけれど、健康のために摂取しないほうがよさそうなものは食生活から排除したり、避けることも忘れないようにしましょう。

いきなり始めるよりも、徐々にやることが肝心です。


また、どうしても食べたい時には無理をしないこと。

ストレスを溜めてモヤモヤしてしまい、あとでドカ食い…なんてことがないようにしたいですね!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!