まとめ食い、それともちょこちょこ食べる?1日に何回、食事をするのがアンチエイジングにベスト?

食事の内容に気を付けているという女性も多いでしょうが、もうひとつ大事なのが「食事の回数」です。

毎日ちょこちょこ食べるのがいいと聞いている人もいるでしょうし、1日1食で充分だ!なんていう意見を耳にしたことがある女性もいるかと思います。

しかし、そのどちらがアンチエイジングに適しているのでしょうか?

今回は、若さを保つための「食事の回数」について調べてみました。

食事の回数

スポンサーリンク

ダイエットには、1日2食のほうがいい?

なかには、1日5食ですとか、1日6食も食べているという人の話も聞いたことがあります。

ですが、ダイエットには回数が少なめのほうが効果があるということです。

ただし、回数を減らせば何でもいいというわけではありません。

1日2食にする場合には、朝と昼を食べて、夜を抜くことが大事だそうです。

なかには、朝食べずに、昼と夜だけ食べている人もいるのではないでしょうか?

1日2食に絞ったとしても、夜に食事をするとダイエット効果は見込めないそう。

2食にしなくとも、夜は軽めにしたほうがいいというわけですね。

 

夜に食事したい人は…

夜に食事をしないなんて、無理だよ~!という人は、まずは食事の量を減らしてみる、もしくは低カロリーのもので胃を満たしてみてはどうでしょうか。

コツは、まず食事の内容を見直すこと。

たとえば、朝ごはんです。

ダイエットの時には抜きがちな炭水化物やたんぱく質。

これを、朝にたっぷり食べるようにしましょう。

さらに、起き抜けにコップ一杯の水を飲むこと。

そして、カーテンをあけて太陽の光を浴びること。

ストレッチなどを軽くしておくのもいいですね。

食事がしやすくなるはずです。

朝が苦手な人は、夜寝る前に食事を用意しておくのも手です。

スポンサーリンク

あたためるだけにしておけば、すぐに食事をすることができます。

お昼も、我慢することはありません。

しっかりと食事をしましょう。

菓子パン1個だけ…なんていうのは論外!

夜は、食べたい人は野菜を中心にしましょう。

たとえば、サラダや煮物です。

温野菜などを選ぶといいかもしれません。

それにお味噌汁、ごはんなどとつければいいでしょう。

炭水化物は少なめにしましょう。

それでもお腹が減ったよ!という人は、お菓子などには手を伸ばさずに、ナッツなどを食べるといいかもしれませんね。

参考記事:美肌に効果のあるアーモンドを毎日食べて、健康美人に大変身

ただし、砂糖やキャラメル、チョコでコーティングしてあるものはNGです。

 

スリムな体が手に入るうえに、肌にも体にもいい、アンチエイジングにピッタリの食事法。

それは、朝と昼にしっかり食事をして、夜は抜く、もしくは軽めに食べるという食事法だったようです。

ただし、くれぐれも無理はせずに、楽しく食事することは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!