スイーツ大好き、やめられない!そんな女性にピッタリの「太りにくい食べ方」とは

肌の老化の原因となってしまうことのひとつに、「スイーツの食べすぎ」があります。

白砂糖の摂りすぎは、やはり肌にダメージが大きいよう。

ですが、スイーツが大好きでやめられないという女性は、ストレスを溜めないためにも、ちょこっとだけならいいとも言われています。

でも、ちょっとだけと思いながらついつい食べすぎて、翌日以降に「肌がむくんじゃった」「肌荒れがひどい」なんてことにもなっていませんか?

こういう時には、食欲を抑えられるような食べ方をしてみましょう。

自然といつもよりも少ない量で気が済むかも!?

太りにくい食べ方

スポンサーリンク

食材は、できるだけ小さくカット!

食べ物をよく噛むといいと言われていますが、ついちょっと噛んでは飲み込んでの繰り返しになってしまう人も多いのでは?

できれば、食べ物を口に入れる時に先にカットしておいたほうがいいそうです。

まるごとかぶりつくよりは、小さく切った状態で口に入れましょう。

そのほうが食べた料や、摂取カロリーも少なくなるという研究をしている大学もあるようです。

 

良質なオレイン酸を摂る

体によい油を摂取することが、ダイエットに効果的とも言われています。

たとえばアボガドやアーモンド、オリーブオイルなどはその典型的な例。

食べすぎないようにしたいですが、一度食べたらお腹がいっぱいになりやすく、満足感が強いのはいいですね。

おやつにも、ナッツなどを取り入れてみてはどうですか?

参考記事:美肌に効果のあるアーモンドを毎日食べて、健康美人に大変身

 

雰囲気のいいところでスイーツや食事を楽しむ

汚い家の中でもそもそ食べるより、音楽をかけて照明も印象的なものにすると、食事も楽しく、体質も太りにくくなるという研究があるとのことです。

たまにはお部屋をキレイにして、ロマンティックな雰囲気でディナーを楽しむ。

もしくは、気持ちのいい環境でスイーツを口にしてみてはどうでしょうか?

 

仕事の休憩時間には、運動しよう!

仕事の合間、家事の合間には、やはり机に突っ伏したり、お菓子を食べたりしてリラックスしている人も多いのでは?

ですが、体を動かすストレッチをしたり、ちょっと歩いたりする人のほうが痩せているそうです。

じっと座っていると、おやつに手が伸びてしまいがちになりますよね。

そうならないためにも、軽く体を動かしたいものです。

 

しかし、どうしても食欲が抑えきれない時には、我慢せずに食べてみることも大事。

ただ、ダラダラ食べやドカ食いは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!